topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青と白!冬の雨池スノーシュー - 2010.01.18 Mon

~雨池は雨が作った湖である。山の中に出来た巨大な自然の水たまりである。~
 「北八ツ彷徨」山口耀久 (平凡社)

ぼくは 北八ツの森の中にある この湖が好きです。
前回 ひとりで訪れた時は、ほとんと水がありませんでした。
湖底にあるはずの場所を「雨池カフェ」と名づけて、一人、静かにエスプレッソを淹れたのは 北八ツに秋の気配が訪れようとする時期でした。
前回の雨池行きは、こちら

あれから、秋が過ぎ、冬も本番の季節。
強い寒波が 一段落した今日、いつもの悪友 チャーリー&ジェイクと一緒に スノーシューを履いて雪の雨池を訪ねてみました。
目の覚めるような八ヶ岳ブルーの青空と フカフカで真っ白な雪のコントラストが眩いほどです。

頑張って、少々重いレンズを付けたカメラをぶら下げて行きました。
今日 ぼくが撮影してきた ホカホカの写真を掲載します。
北八ツの 青と白の世界を、ごらんください!

天にそびえる十字架。”しらびそ”の木のてっぺんです。
iki0.jpg 

縞枯山荘に向かう道。3人とも かつてない好天に ワクワクが止まりません!
iki2.jpg

iki.jpg


GPSで雨池を目指しながら、登山道をはずれて北八ツの森を進みます。
mori1.jpg

雪を抱えた大きな木。童話の挿絵に出てきそうだな、と思うくらい幻想的でした。
mori3.jpg

この森は とても気温が下がるようです。その証拠に たくさんの木の幹に 凍って割れた後が残っています。
木が凍って割れるときは、パシッ、と大きな音がするそうです。
mori2.jpg

さぁ、ここが冬の雨池です。凍った湖の雪原に ぼくたちだけの 足跡が続きます。
ameike.jpg

そこで、ランチを楽しみました。チャーリーの手製シチューとホットワイン。
lunch.jpg

雪が降り積もった場所は、斜度が増していて、ウサギの足跡も 雪中行軍に苦労するほど。
ashiato.jpg

帰り道は、ぼくたちも 青空に向かって登りました。
kaeri2.jpg

フト振り返れば、浅間山。あと ひといき。みんなで、リズム良く登ります!
asama.jpg

縞枯山荘
sansou.jpg

昼下がりの太陽に照らされた雪の輝きは、とても綺麗でした。
まだまだ歩く元気を残しながら、またの日を!
kaeri.jpg

帰り道、チャーリーが、八ヶ岳が最高に美しい場所を教えてくれました。
amida.jpg
傾く冬の日差しに照らされた白い阿弥陀岳の稜線が とても綺麗です。
(ちかぢか?)再び、登りたい山です。

蓼科ピラタス山頂駅から 雨池までは、そんなに遠くありませんが、
身近に北八ツの森を感じながら、最高の青空が目に沁みた一日でした。

好天の日に再び 雨池 を訪れたなら、風の音に静かに耳を澄ませながら、
どこまでも 白い湖上をたどってみたいと思います。

ameike2.jpg
(雨池にて。)


【ファミリー情報】
今回の全行程は、小さな子供たちには、ちょっときついかな、と思います。
途中で折り返すなら、親子でネイチャーゲームを交えて、自然体験を楽しめますよ!
ぜひ、ご家族で 八ヶ岳の青空を見上げてください!

コース上の踏み跡は沢山ありますが、降雪直後や見通しが悪い時のコース取りには、くれぐれも、ご注意ください。

me.jpg
あまり姿をお見せしていませんが、わたしです
 (ひといき荘フジケン氏撮影) 

● COMMENT ●

ヘイ、マイク

素晴らしい天気でしたね\(^O^)/
おまけに、無風!
自然が織りなすコントラスト、言うことのない一日でしたね\(^O^)/
また、ご一緒しましょう(^_-)-☆

ハイ、ジェイク

わたしたち、MJCトリオの日頃の行いの良さ、ですね。
きっと。
北八ツからの最高のプレゼントでした。

雪原を突然思い切り走る!
新雪の垂直壁を登る、下る!

ジェイクのターボの効いた技に脱帽でした!

また、大笑いしながら、一緒に歩きましょう!


管理者にだけ表示を許可する

冬に降る光 «  | BLOG TOP |  » カメラの無い休日

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。