topimage

2017-08

頂いたご縁、霧ヶ峰と富士見と。 - 2016.01.14 Thu

ふと、繋がりに驚くことがあります。
「諏訪の山の良いところを、みなさんに伝えて下さいよ」
霧ヶ峰のヒュッテジャベルのご主人である高橋さんに、お声がけ頂いたご縁です。

先日宿泊した霧ヶ峰のヒュッテジャベル。霧ヶ峰の山や自然、歴史を愛する方々には勿論、ぼくたち登山ガイドには、特別な場所。登山ガイドの積雪期検定で宿泊し、いつか大人のお客さんと来てみたいと思っていた宿です。
霧ヶ峰にビーナスラインなんてない、60年ほど前の1952年に、ご主人の高橋さんの先代が始められたこの小屋、文学者との繋がりが深く、命名が、詩人の尾崎喜八さんによるものだということは知っていました。

201601140839151b8.jpg

宿帳に、ぼくの八ヶ岳山麓の家、長野県諏訪郡富士見町の住所を書いた時、ご主人から「富士見町に家があるんですか?」とお声がけ頂きました。偶然ですが、高橋さんは、小中学を富士見町で過ごされ、ぼくの家がある同じ集落にお住まいだったそうです。「あなたの家があるあたりはね、風が強くて、寒くて、昔は誰も住まなかったところだよ。」と懐かしそうに、親しくお声がけ頂きました。

富士見町には、昔、風立ちぬ、という山口百恵さん・三浦友和さんの映画やジブリのアニメの舞台にもなったサナトリウム(現:富士見高原病院)がありました。そこには、幾人もの文学者が療養されたことから、富士見町は、文学とも深い関わりがあります。
ぼくが八ヶ岳に深く関わりたいと思った一つのきっかけである「北八ツ彷徨」、これを執筆された山口耀久さんも、山と文学の繋がりの中で高橋さんには身近な方なのだと知りました。山口さんが富士見のサナトリウムに入院されていた頃、病院を抜け出して彼女と訪れた尾崎喜八さんのお宅。「あそこは、あなたの家からいくと、あの道の角に、うっそうとした林があるでしょ。そこなんだよ。」こんなお話が、伺えるなんて、思いもしませんでした。

ふと高橋さんが、使い込んだ霧ヶ峰2万5千分の1の地形図を開き、「わたしは、この道が好きでね。」と、とっておきの霧ヶ峰の道を教えてくださいました。
「わたしからみれば、あなたは、まだまだ若いよ。諏訪の山の良いところを、みなさんに伝えて下さいよ」と言って頂き、歩くことを大切にしたいガイドとして、とても、嬉しく思います。

ガイドライセンスを取得してから今まで、「八ヶ岳とその山麓」にこだわってきましたが、多くの先輩ガイドや観光関係の方達が、しっかりと根を下ろし、新参者のぼくには、なかなか臆するところがありました。
これからは、ジャベルの高橋さんのお言葉を噛み締めながら、富士見町を基軸に、八ヶ岳そして霧ヶ峰をひとつととらえて、「諏訪の山が、ぼくの活動エリアです」と言えるように、山を知って行きたいと思っています。

そう、富士見パノラマスキー場の上にある入笠山。ゴンドラを使えば手軽なハイキングですが、湿原の自然が美しいところです。そこに高橋さんの先代にとって、最初の小屋を作られたという話は、まったく知りませんでした(今は、他の方に渡った後、火事で焼けたそうです)。入笠山も霧ヶ峰と繋がっているんだ。部屋の窓から見えるあの南アルプスの末端の山にも、改めて山と人の歴史を感じます。

八ヶ岳からは、この10年に、様々なご縁を頂きました。元を辿れば、「あなたは、縄文時代、ここに住んでたと思うね」と酔っぱらって放言した(?)、甲斐小泉のあるペンションオーナーの一言を真に受けたことが、きっかけだったかもしれません(笑)。

ずっと先から振り返った時、もっとご縁を頂けているのでしょうか。そうありたいものです。

ようやく寒くなるようです。霧ヶ峰にも雪が降るなら、近々、うねるような白い大地に、道を探しに行きたいと思っています。



201601140839166c8.jpg

ヒュッテジャベル 高橋様ご夫妻

20160114083918c6d.jpg

落ち着いた大人にこそ訪れて欲しい、そんな素敵な宿です

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

スウェーデン、フェールラーベン・クラシック2016のお知らせ!! «  | BLOG TOP |  » 霧ヶ峰ロングハイキング

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる