topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデンの自然享受権、学んできました - 2015.03.27 Fri

スウェーデン大使館で、「自然享受権」について学んできました。
自然の中、他人の土地で、ベリーやマッシュルームを採ってもよし、2泊くらいならテントを張って、たき火をしても良し。自然を楽しむため、成文化されていないけれど、皆が大切にしてきた権利。
"Right to Public Access".

8月、ぼくがFjallraven Classic 2015に参加した時、外国人ながら、この権利を使わせて頂き、テントを張りながら移動することができます。

しかし大切な約束事があります。
Don't disturb, Don't destroy.

自然を元通りにしなければならない、その土地を持っている人に迷惑をかけてはいけない。
興味深い話がありました。

この自然享受権を行使して、企業が大規模なイベントを行っている。企業というよりむしろ、数百人規模のイベントで、個人が自然を歩くのとは比較にならないほど、自然がダメージを受けているというのです。

日本でも最近、トレイルランニング大会による自然破壊が問題となっています。Q&Aの時間、ぼくは、スウェーデンで自然保護を行う組織SSNC(The Swedish Society for Nature Conservaion)のストックホルム支部長の講師 Eric Beckamさんに、直接質問してみました。

1.大規模な自然イベントにより、どのような種類の、規模のダメージが起こっていますか?

2.自然享受権の背後に、Don't Destroyという原則があるなら、スウェーデンの人々は、大規模なイベントを中止させることもできる。そういう理解で正しいですか?

実際には、大規模イベントを行う場合には、地元や土地の所有者と綿密な調整を繰り返し、合意を形成するそうです。
それでも、数百人規模のイベントによる自然破壊のダメージを巡って、土地の所有者が警察に通報、そして裁判にまで行くケースがあったそうです。

201503270012073a5.jpg

合意がないままに、個人ユースを越えて自然を消費すること、それによって自然破壊が起きるなら、そのことに対して、原則に従って主張を行う。当然のことだと思いました。

日本の八ヶ岳では、標高2500Mの高山をトレイルランレースの舞台にし、数百人が通る間に、小さな高山植物は耐えきれず、やっと咲かせた小さな花を落としてしまう。元に戻せないですね。

Don't disturb, Don't destroy.
私たちは、日本の私たちの自然を、どのように守るべきでしょうか。


そして、Lenaさんから、Swedenでは自然の中で、数学、国語、ディベートなどを学ぶ子供達向けの教育プログラムのお話。山のたまてばこの名前で、自然体験活動をやっているぼくには、とても共感するプレゼンでした。

2015032700120515f.jpg

講師のEricさん、Lenaさんとは、勉強会の後に名刺交換をし、Swedenの自然について、少しお話をさせて頂きました。ぼくも、これを機会に、Swedenにもっと近づいてゆきたいと思っています。

20150327001201742.jpg

20150327001204440.jpg

2015032700120245a.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

富士見町の桜、まだ寒そう «  | BLOG TOP |  » 持続可能性について思う

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。