topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動と静の入笠山_Feb.15.'15 - 2015.02.17 Tue

ここのところ、街仕事との往復で、たっぷり登山が出来ないでいます。
雪の八ヶ岳山麓をジョギングして、足腰は動かしているものの、山中の雰囲気に包まれたくなります。

窓からハート型を見上げるのですが、最近、ご無沙汰していた山、入笠山に、久しぶりに行ってみました。スキーシーズン、まっただ中。富士見パノラマスキー場は、大賑わいの日。

入笠山を目指すスノー・ハイカーも、一杯!山頂下のマナスル山荘前は、この混雑です。
「動」の入笠山。

IMGP0638.jpg

行列は、スキー場跡のトレースを行くようですが・・・。
本来の登山道はこちら、まさかのトーレース無し!ぼくは、こちらに向かいます。

IMGP0616.jpg

ここからはスノーシューを履き、ただひとつのトレースをつけて行きます。
身近で味わえる「静」の入笠山。

IMGP0618.jpg

すぐに行列に合流するのですが・・・、前に出ることが出来ました。
そのお陰で、山頂は数組のハイカーのみ。八ヶ岳は雲の中。
行列さんが来る前に、すぐ下山開始。ノートレースの雪を求めます。

ただ、準備なく、むやみにノートレースの雪を追いますと、迷子になってしまいます。
自分の責任が求められますね。

樹林の中は、フカフカのパウダーが残っていました。
こんな身近で「静」の雪山気分を、楽しみました。

IMGP0629.jpg

山頂ゴンドラ駅から、入笠山山頂を経て、裏のパウダーで遊んでも、1時間ちょっと。
早足のハイキングですが、混雑を塗って、雪の感触を楽しむことができました。

下山前に、「動」の入笠山。
ゴンドラ山頂駅付近で、ジャンプするスキーヤー。
八ヶ岳山麓めがけて飛べば、きっと気持ちいいでしょうね。

IMGP0650.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

自然の中で楽しむこと、自然を使わせて頂くこと(私見) «  | BLOG TOP |  » 寒い寒い、八ヶ岳の南端周回

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。