topimage

2017-08

雲取山 de オツカレ山行 - 2013.11.14 Thu

11月9-10日、今年定年退職される方を囲んだ仲良しグループの皆さんと、雲取山に行ってきました。
パーティの名は、オツカレ山行(おつかれさんコウ)。

9日は雲取山荘に宿泊し、10日、発達する予報の低気圧の影響で雲が多い中、雲取山頂へ。
日本山岳ガイド協会の提携先であるロッテさんから送られた「山ガーナ」をプレゼント。
R0015959.jpg

早朝にも関わらず、元気にパクついて頂きました。
R0015966.jpg

さて、発達する低気圧の状況を常にモニターしながらの行程でしたが、雨に降られることもなく二日間、たっぷりと歩きました。
R0016002.jpg

満員の雲取山荘のスタッフの方にも、アットホームなパーティだね、と言われるように、楽しく記念山行をプロデュースできたかな、と思います。

途中、縦走路の小ピークでは、ドイツ人パーティと意気投合。
山ガーナ、予備が一つあったのでプレゼントしました。

R0015989_修正版

大きな体の男たちが、一枚のチョコを喜んでくれて、お互い写真を撮り合いました。
お礼は、スイスのチョコレート。これまた、うまい。
ダンケシェーンと言えば、ありがっとござーいまーす、と返ってきます。
お礼だけは英語抜き、お互いの母国語が定番でしょうか。
肩を組んだら、身長176cmのぼくは、足が浮きそうでした(笑)。

予想した荒天とは逆に、日も差し始め、三峯から雲取山を経て、良いペースで石尾根で奥多摩駅をめざしました。
途中、鷹の巣山でお一人、足を引きずり始め、エスケープで、日原に下山。
ながーい、石尾根。ぜひ、後日、その地点から奥多摩駅まで縦走路を繋いで欲しいと思います。

R0016028.jpg

こんな記念山行も、ぜひ、ご相談ください!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

長野県戦略ミーティング!? @初雪の天狗岳!  «  | BLOG TOP |  » ザ・定番 赤岳・横岳・硫黄岳

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる