topimage

2017-08

北八ツ・スノートレッキングツアー with 九州の皆さん - 2013.03.19 Tue

九州の福岡市、サンサン山倶楽部主催のツアーをお手伝いしました。
九州から13名の皆さんをお迎えして、北八ヶ岳スノー・トレッキングです。
はるばる福岡からのフライト、そして名古屋からのバス旅を経て到着です。

早速で申し訳ない。フライトの延着もあって、日没まで時間がありません。
国道299号冬季閉鎖ゲートから麦草峠までの国道歩き。
春とは言え、ここは標高2000Mの世界。
日が暮れるとあっという間に寒さが増しますから、先を急ぎます。
雪に慣れていない皆さんには、きつかったと思います。
なんとか、日没ギリギリに麦草ヒュッテに到着。ヒュッテの皆さんにもご心配をおかけしました。
R0014807.jpg

綺麗な朝焼けで二日目が始まりました。
R0014812.jpg

明日は天気が悪いのは間違いありません。好天は今日一日のみ。
限られた日没までの時間、そしてベテランの皆さんの体力をどう使うか。
限られたリソースで、全体として最大の効果をどう実現するか。
考え所でした。

皆さん、初めてのスノーシューを履いて、なんだか楽しそう。
張り切って歩きましょう!
R0014813.jpg

今日の出発は、ここから。
R0014815.jpg

もうすぐ縞枯展望台
R0014848.jpg

みなさん良い笑顔です。
R0014854.jpg

シラビソが立ち枯れた縞枯現象が良く分かります。
211p1130406_shima.jpg
(サンサン山倶楽部撮影)

今日は、春にしては、くっきり八ヶ岳ブルーの空が広がり、八ヶ岳はもちろん、全ての日本アルプスが見渡せます。皆さん、この眺望に喜んで頂きました。
R0014860.jpg

麦草峠から茶臼山、縞枯山と縦走して、本日のお宿、縞枯山荘に到着したのが、12時10分頃。
ここで、ツアー会社の方に僕の提案です。

明日は、絶対に天気が悪くなります。明日の予定に組まれている北横岳登頂を、一日、早めましょう。
ここまで来た皆さんに、是非、360度の眺望を見て頂きたいです。
ただ、日没を考えると、やや早いペースになります。
縞枯山の下りで脚の筋肉が疲れた方には、きついかもしれません。
それでも行けると手をあげた方のみ行きましょう。
足に来た方は、無理せず、山荘でゆっくり休んで頂けませんか?

ツアー会社の方も、少々戸惑ったようですが、同意して頂きました。
3名の方をベースキャンプ(縞枯山荘)に残し、アイゼンに履き替えて出発しました。
少々早いペースでも、快調に登頂。
この南八ヶ岳の眺めを見て頂きたかったんです!

夕方が近く、南アルプスはモヤに隠れ、朝のようなクリアな眺望はありませんでした。
それでも、頑張った皆さんには、満足頂けたようです。
R0014880.jpg

北横岳山頂。皆さん、いい笑顔です!
218p1130448.jpg
(サンサン山倶楽部撮影)

気がかりだった皆さんの体力も、大丈夫でした。
登山は、精神状態に大きく依存すると思います。
自分は行ける!と、自ら決めて手をあげた皆さん。
気持ちを強く、前に向いて進めたのだと思います。

R0014910.jpg

ベースキャンプ(山荘)に帰ると、3名の方が、すぐに外に飛び出て迎えてくれました。
いいチームでした!
R0014914_shima.jpg

夜は、縞枯山荘のランプの下、掘りごたつで歓談。
何気ない時間が、とても心地よく過ぎました。

最終日、予想通り。大荒れです。縞枯山荘を出発。お世話になりました。風速35M。視界は真っ白でありません。

303p1130467.jpg
(サンサン山倶楽部撮影)

みんなで隊列を組み、わずか15分弱ですが、雪山の厳しさも体験。
さて、ピラタスロープウェイが運休になると、この状況の中、歩いて下山となります。
なんとか、始発のロープウェイで下山。その後、運休となりました。

304p1130468.jpg
(サンサン山倶楽部撮影)

皆さん、無事、福岡に帰られたでしょうか。
日本全国、春の嵐の一日でしたから、気になります。

今回ご一緒した九州の皆さんに、八ヶ岳に良い印象を持って頂けたでしょうか。
八ヶ岳には、まだまだご紹介したい場所、お話ししたい歴史や人の生活があります。
ぜひ、また山でお会いしましょう!

最後になりますが、今回ツアーの機会を頂いたサンサン山倶楽部さん、一緒にガイドをさせて頂いた福村ガイドに感謝申し上げます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

北八ツを愛する人たち «  | BLOG TOP |  » 車山スノーシュー、寒冷前線通過中

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる