topimage

2017-08

阿弥陀岳 御小屋尾根 - 2012.08.06 Mon

暑い日が続きます。
八ヶ岳山麓、風が吹き抜ける日陰は爽やかでも、日光の陽射しは、まぶしいくらいです。
この一カ月ほど、天候不順や所要もあったのですが、夏空が戻る直前、交通事故に遭い、山から遠ざかっていました。

2012年8月4日、リハビリを兼ねて、日帰りで八ヶ岳の阿弥陀岳を御小屋尾根で登ってみました。
足腰が重い感じで、山登りとしてピリッとせず課題が残りますが、気分を晴らす、青空を見上げた夏らしい山行でした。

この日は車の移動ではなく、JR中央本線とバスを乗り継いで、美濃戸口から歩きます。
摩利支天。
積雪期、雪の状態によっては緊張するところですが、晴れた夏の日は快適です。
R0014066.jpg

この摩利支天の直下には、フィックスロープの張られたザレた赤土の急な斜面がありますが、ぼくの丁度目の前で、通行禁止のロープが張られました。落石が危険だからでしょう。
代替ルートは、中央稜側に少しよったハイマツの中に踏み跡があります。

摩利支天から、阿弥陀岳山頂、赤岳山頂をのぞむ。
R0014067.jpg

阿弥陀岳山頂。ぼくの一番好きな山頂です。
思えば、この阿弥陀岳に登りたいと思ったことが、ぼくが山登りを始める切っ掛けでした。
阿弥陀様。ふくよかで、ありがたい御姿です。
R0014076.jpg

風が心地よくて、時を忘れてしまいそうでしたが、家族と合流するため早々に下山しました。
中岳道から見る赤岳に向かう文三郎道には、数珠のように連なった登山客。学校登山の子供達のヤッホーが、何度も響いていました。
行者小屋は、表現がいいかどうか迷いますが、都会のビアガーデンのような人出でした。
まだしばらく、この混雑が続くことでしょう。

それでも、この御小屋尾根、夏の盛りでも、比較的静かな好ルートです。
R0014050.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

夏のおもひで-八ヶ岳山麓 富士見にて (1) «  | BLOG TOP |  » 梅雨明け、でも雨の八ヶ岳山麓

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる