topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の本 (改) - 2009.11.11 Wed

窮屈な都会の満員電車ですが、文庫本を片手に自分だけの空間を作り出してる人も少なくありません。ぼくも その仲間入りをして本を開き、静かなひとときに思いをはせる時、お気に入りの二冊があります。

北八ツ彷徨_2
「北八ツ彷徨」 山口耀久著  平凡社
ぼくが八ヶ岳を歩いてみたいと思ったキッカケになった本です。
今でも、シラビソの森が静かな北八ヶ岳ですが、この本は、1950年代、麦草峠を通る299号線、ピラタスロープウェイもない時代の北八ツが舞台。
その時代の北八ツの清々しさ、シラビソの森の重厚な空気の中にいるような気分を楽しめます。
堂々と見える南八ヶ岳とは違う 八ヶ岳の顔を味わいたい時、お勧めの本です。 著者の山口氏は未だご健在で、先ごろも八ヶ岳山麓にて講演されたそうです。

霧の山稜_4
「霧の山稜」 加藤泰三著  平凡社
先日、南八ヶ岳行きに同行頂いた山岳ガイドのN氏からお借りした山の画文集です。 初版が世に出たのは、昭和16年、著者が30歳ときです。
著者の日常の中にある山が、清々しく、生命力豊かに、絵 版画 文章や詩で描かれていて、読んだあと、穏やかに山を眺めたようで、ホッとした気持ちになります。
ぼくもこの本が欲しくて、インターネット書店を検索したが、なかなか手に入りそうにありません。 古本屋で探してみたいと思っています。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

新しい季節の始まり «  | BLOG TOP |  » 秋の里山ハイキング 高畑山・倉岳山

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。