topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルキーウェイを歩く - 北八ツ企業研修 - 2011.10.24 Mon

ぼくは山に居ない時、ある企業のトップマネジメントとのごく近くで仕事をしています。トップの仕事は、意思決定である。つくづくそう思います。
市場をめぐる企業間の競争は激しく、さらに最近は自然の脅威も加わって、これまでの経験に基づく判断だけでは不十分です。いかなる選択肢が考えられるのか。そして、どの選択肢が合理的なのか。その思考と判断の上でこそ、これまでの経験が活かされます。
過去との不連続な将来に向けて、自分達の行動を決定してゆく意思決定のプロセス。どうすれば、意思決定の質を高めることができるのだろうか。これが、ぼくが大学院(MBA課程)を通じて研究してきたテーマです。

これまでの経験が通用しないのでは、どうしようもないよね。そういう意見もあるでしょう。
それでも、積極的に何とかしようとするとき、意思決定の疑似体験(シミュレーション)の効果が注目されます。
この意思決定力の向上に加えて、自分の意思を意見として伝え、かつ相手の意見を聞くコミュニケーション力の向上。この2つをシミュレーションする体験が、チーム力の根源的な強化に役立つと考えています。

ぼくは、その体験の場として、一般の社会人にとって非日常空間である山での活動が適していると考えています。今日は、2011年10月22~23日に、一泊二日でガイドした企業研修の様子をご紹介したいと思います。

2011年10月22日(土)。
北八ヶ岳に、東京に本社を置く一部上場企業(化学会社)内のグローバルプロジェクトの皆さんをお連れし、チームビルディング研修を行いました。今回の参加者は、プロジェクト・オーナー企業の社員とそのプロジェクトを支援する外資系コンサルティング会社のコンサルタント、合計6名の皆さんです。

前夜から大雨。待ち合わせの午前9時、雨は少し落ち着きを取り戻したようです。
ゲストのほとんどは、今回が初めての山歩きという皆さん。生憎の天気です。それでも、まず今回の活動の舞台となる八ヶ岳周辺を好きになってもらいたい。幸い八ヶ岳山麓の紅葉はピークです。清里方面のドライブに出かけました。

東沢大橋を通り、ソフトクリームのおやつを食べようと清泉寮に立ち寄った時、雲の切れ目から秩父方面の紅葉した山肌が顔をのぞかせました。
「皆さん、霧が濃いかもしれませんが、足慣しで、小さな山に登ってみますか?」「うん。うん。」大きくうなずく皆さん。気合入ってますね。
よし!と向かった先は、清里の平沢峠。飯盛山まで、片道1時間少々の足慣しに出かけました。
結局、霧が晴れることはありませんでしたが、明日の北八ツ歩きに向けて、歩き方やルートファインディングの練習をしながら頂上を踏みました。
途中のヤッホーポイント。大声を出すのは、すっきりしますね!と、大好評でした(笑)。何発、叫びました?
IMGP3119.jpg

蓼科ピラタスロープウェイ駅に移動し、標高2200Mの亜高山帯へ。
今日の宿泊は、ランプの宿 縞枯山荘です。
IMGP3144.jpg
良い感じですが、たまたま外の様子を見に出たゲスト。誤解無きように・・・(笑)。

この山小屋は、風力発電と太陽光発電はあるものの、基本はランプと薪ストーブで過ごすホッコリと暖かくて、とても心地よい場所です。
ランプの中で、皆さん、ひととき休息。
この後、2万5千分の1の地形図を見ながら、明日登る北横岳のルートと考えられるリスクを机上で検討し、明日の登山準備をしました。皆さん、真剣な表情で、自分の行動を意思決定しましたね。明日の行動に活かせるかな。
IMGP3137.jpg

10月23日(日)
夜中に、かなり強い雨が降っていました。朝は、ごらんのとおり、今日も霧の中。
IMGP3157.jpg

霧の登山は、昨夜のシミュレーションで想定済み。行ってみましょう!
朝7時半。お世話になった縞枯山荘さんに御礼を言って、出発しました。
北横岳へのルートは、坪庭を通り、登山道をゆく定番ルートですが、あたりは霧で真っ白。目指す山は見えません。
それでも、昨日、飯盛山で練習した歩き方やルートファインディング、昨夜シミュレーションした温度の変化に応じたウェアリングを実践し、登山道を一歩一歩進んで行く皆さん。いつもなら南八ヶ岳を見渡す北横岳山頂南峰。声を掛け合いながら、霧に包まれたミルキーウェイを進むチームが、とてもたくましく見えました。
IMGP3202.jpg

北横岳北峰にて。眺望をお見せできなかったのは残念ですが、皆さんの笑顔が、とてもうれしいです。登頂、おめでとうございます!山頂の溶岩からパワーをもらって気がしますね。
PA231208.jpg

霧雨でぐっしょり濡れながら、北横岳ヒュッテまで降りたあと、七つ池に行ってみました。幻想的です。
「雨の北八ヶ岳が好きな人。同姓なら親友になれるし、異性なら恋人になれると思う」
モデルのKIKIさんの言葉を紹介したら、×1継続中の男性が、「いける!」と盛り上がっていました。
そこは、大きな勘違いかもしれませんが・・・・(笑)。
IMGP3221.jpg

無事下山した皆さん、蓼科の温泉を楽しんだ後、うまく中央高速道の渋滞の前にでて、スムーズに帰京できたようです。お疲れさまでした。
皆さんから、「企業研修としても、自然との一体感を感じる上でも、とても良い経験になりました。」と嬉しいメールを頂いています。
当日を迎えるまでに、ぼくがザックを抱えて皆さんの会社を訪れ、必要装備の説明やツアーの目的共有のブリーフィングを行ってから、約1カ月。その準備期間も、皆さん楽しまれたようです。
ぜひ、また一緒に山を歩きたいですね。

皆さんも、一緒に山に行きませんか?
そうは、言っても、山は非日常の空間。山での体験を、仕事や実生活で活かすためには、何より、無事に下山して頂くため、安全管理の徹底が大切です。
ぼくは、自然と人の生活をつなぐインタープリター(解説者)であるとともに、安全管理を実践する者として(社)日本山岳ガイド協会の認定ガイドとなりました。さらにその職域をアップしてゆきたいと思っていますが、クライアントのご希望人数やルートによって、協会の認定ガイドの方々と協力して研修を提供することができます。
技術を認定されたガイドによる安全管理の実践。この研修には、絶対に不可欠な要素だと考えています。

これからも、山歩きを通じたチームビルディング研修を続けてゆきます!
興味をお持ちの企業の方がいらしたら、ぜひ、ご連絡ください。

IMGP3124.jpg
(霧の中、この笑顔。よく頑張りました!平沢峠駐車場にて。)

北八ヶ岳からの移動中、天気が好天してゆきます。南八ヶ岳の山肌と麓の色づきが青空に映えていました。
IMGP3280.jpg

【追伸】
縞枯山荘の掘り炬燵で相席したお姉さま方。
翌日は、あいにくの霧でしたが、ルートはおわかりになりました?
IMGP3153.jpg

お話した縞枯山荘付近の雪化粧は、こんな素敵な世界です!
IMGP6165.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

消えない傷跡・・・・ «  | BLOG TOP |  » 深い秋が、駆け降りる

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。