topimage

2017-08

大地の彫刻 - 2011.10.10 Mon

昨日、30年ぶりに安曇野の碌山美術館を訪れた。
冷たく曇った11月の空の下、美術館にからまる蔦は、赤黒く重かった。


今日は、明るい日曜日。団体客で賑わっていた。
IMGP2912.jpg

その団体客向けに、彫刻の解説がはじまり、あるフレーズが、心に残った。
「画家は、彫刻は頭を使わないと言いました。彫刻は全て同じ色。絵画のように色遣いを考える必要が無いからです。でもロダンはこう言いました。彫刻は、光によって陰影を生み、色を変える。絵画と何ら変わるところは無いのです。」

今朝、日の出前に、散歩に出かけた。
高層の雲をバックにする八ヶ岳を正面に、振り返ると南アルプス甲斐駒ケ岳と鋸岳。
太古の昔、大海原が大地の動きとともに盛り上がった堂々とした山様。
その黒々としたシルエットが、上る朝日に照らされて、一秒一秒、その山肌の陰影が移ってゆく。

「彫刻は、光によって陰影を生み、色を変える。」昨日聞いたロダンの言葉を思い出した。
造山運動、火山活動。すべてひっくるめて、山は、大地の彫刻。
ぼくたちは、その彫刻を遠くから眺め、時に、その彫刻の肌を歩き、攀じ登る。
IMGP2979.jpg

石室に泊まり、甲斐駒ケ岳~鋸岳を縦走してから、もうすぐ一年。
花崗岩に白く輝く甲斐駒ケ岳の頂が、雪で白く輝く季節も、刻々と近づいている。
蔦が赤く色づく秋晴れの頃、再び、碌山美術館を訪れてみたい。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

TomorrowNeverKnows «  | BLOG TOP |  » 安曇野散策

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる