topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北八ツ、ツアーに向けて - 2011.09.24 Sat

2011年9月23日、北八ヶ岳に行ってきました。

来月、ある企業のプロジェクトチームの皆さんと北八つを歩きます。
長丁場にわたり、グローバルに展開されるプロジェクト。
その大きなジャンプを前に、自然の中で、チーム力の強化を目指そうという企画。
今日は、その下見を兼ねて、久しぶりの北八ツです。

北八ツと言っても広いです。
今日は、国道299号の麦草峠から北方面をターゲットに歩いてきました。
かつて、僕自身が山歩きを始めたばかりの頃、スノーシューを履いて、雪の道を楽しく歩いていたエリア。
北八ツらしい自然の中を歩くことが出来ます。
R0011786_mugikusa.jpg
(麦草峠から歩き始めました)

今日は、晩秋を思わせるような肌寒さ。午前中は、青空から始まりました。
R0011820.jpg
(五辻を経て、ピラタスロープウェイ山頂駅付近。北横岳に向かいます)

北横岳の山頂からは、南八ヶ岳が一望できるのですが、今日は眺望無し。
下山は、三ツ岳を経由して雨池峠に向かいました。北横岳の火山活動の名残りの岩石帯が続きます。
R0011870.jpg

雨池山からは、眼下に、雨水だけが水の源泉となる雨池。針葉樹の中にポッカリ浮かぶ湖は、神秘的です。
R0011881.jpg

苔と森と池のイメージが強い北八ツですが、三ツ岳方面を振り返ると、このあたりは岩っぽい峰。
R0011891.jpg

今ひとつの天気でしたが、雨池峠から縞枯山、茶臼山をへた後、中小場のピークから麦草峠にかけて青空が見えました。
R0011945_2.jpg
(あまり姿をお見せしていませんが私です)

来週は、装備のレクチャーを兼ねて、ご一緒する皆さんにお会いします。
ルートは、参加される皆さんの顔を見て、引き続き、練ってゆきます。

経営コンサルタントだったぼくの経験から、プロジェクトを成功に導くマネジメントは、山歩きと似ていると思います。
来月、一緒に歩く皆さんにも、そんなことを感じてほしいと思っています。

【追伸】
三ツ岳-雨池山を経て、雨池峠に降りる途中、雨池峠方面から上がってきた家族連れに声をかけられました。
30代のパパとママ、そして3歳くらいの男の子。
「この道を上がると、ピラタスロープウェイの山頂駅に帰れますか?」
ぼくが歩いてきた道を逆に進むわけで、確かにロープウェイ駅には通じています。
でも、足元はスニーカーで、ザックはもたない軽装です。水も行動食も、ほとんど無いでしょう。

ご家族は、ロープウェイ駅で入手した地図を手に、道が書いてあるから周回できるはずだと思っています。
その地図は、等高線や標高差の記入も道の状況も記載が無く、ルートイメージが線で引いてあるだけの、とても簡単なものでした。

この状態で、三ツ岳方面に上がると、そのうち出てくる岩場や鎖場を越えられない、あるいは滑り落ちる可能性があります。特に、小さなお子さんには危険です。
岩場で進路を見失うかもしれません。
気温の低い曇天の中、半袖Tシャツにジーパンでは、低体温も心配です。

パパは、周回にこだわり、ママは、岩っぽい道を戻ることをためらっていましたが、先に進めば、状況は厳しくなるばかり。
正直、この三人の笑顔を失うことになりかねません。

ご家族には、鎖場や岩場が出てくることをお話し、もと来た道をロープウェイ駅まで引き返すことをお薦めしました。木道の続く、五辻方面へのハイキングを紹介し、了解して頂けたようでした。
ゆっくりでも良いから、無事、引き返していて欲しいです。

R0011887.jpg
(大人なら、ちょっとしたアスレチックかもしれませんが、こんな鎖があると知っていたら、あのパパは、小さな子供を連れて、このルートを選んだでしょうか。)

● COMMENT ●

ご報告と近況

合格通知が届きました。喜びと共に、認定ガイドとしての自覚と責任を強く感じています。10月4日~8日は南アルプス深南部縦走、9~10日は北八ッエリアにアシスタントで出掛ける予定です。いきなりハードスケジュールでのキックオフであります。またどこかでお逢いできる事を楽しみにしております。

お互い、張りきって行きましょうね!

佐野さん
コメント、ありがとうございます!
そして、認定ガイドとしてのスタートを佐野さんと一緒に切れたことを嬉しく思います。
お互い、良かったと思います!
プロ・ガイドとしてのご予定が、目一杯のご様子。いよいよ始動ですね。
これからも、体験を共有しながら、ガイドとして、共に成長させて頂けるなら、とても嬉しいです。
まずは、北八ツあたりで、お会いできそうですね。楽しみにしています!
今後とも、よろしく!

マイクお久しぶりです(^^)/
ちょうど同じ日、ピラタス山頂駅~五辻~縞枯山~雨池~山頂駅のルートを歩いていました。
すれ違いだったんですね!
たまにはご一緒できたらと思います。
ご連絡下さい(>_<)

おひさしぶりですね~

ハイ、ジェイク!
お久しぶりです。
無雪期の北八ツも歩いてるんですね。
すれ違いだったとは・・・。
バッタリ、お会いしたかったです。
ぼくも、北八ツに戻ってきました。
雪が降る前に、一緒にテントかついで、天狗あたりを辿りましょうか。


管理者にだけ表示を許可する

認定ガイドとして «  | BLOG TOP |  » 命をつなぐ公園の役割 : 富士川クラフトパークにて

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。