topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

White X'mas 2010 in 白馬(スノーシュー編) - 2010.12.27 Mon

白馬47スキー場にて。スキー・レッスンを終えると、雪だまりにダイブしてゆく子供たち。
うわー、ウェアも手袋も、グッショリだ! 子供は、雪遊びが大好きですね。

あれ?スキー・アカデミーで、スノーシュー・ツアーの受付をしていますよ。
あまり山歩きに積極的な興味がないマイ・ファミリー。
これは良い機会! スキーに雪の野山遊びを、紛れ込ませたいな~!

ぼく自身も、「山のたまてばこ」のプログラムとして、北八ヶ岳でファミリー・スノーシューを提供してきました。 ただ最近は、登山ガイドの認定に向けたトレーニング山行に集中していたのが本音。

折角の機会ですから、白馬滞在の最終日の午前、子供二人とぼくで体験スノーシューを申し込みました。
実は今回、マイ・スノーシューは持参しているのですが、子供達の分は持って来ませんでした。
子供のレンタルも用意して頂けるようです。
では、ぼくもゲストとして、白馬の自然とガイドさんのインタープリテーションを楽しんでみます。

白馬のスノーシュー・ツアーの様子を紹介します。
まず、47スキー場のゴンドラ駅から、普段は立ち入り禁止のブナ林に入ってゆきました。
PC260427.jpg
(どこまで雪が積もるのかな。厳冬期は、もっと高くまで雪に埋まるそうです)

スノーシューと言えば、やはり下って・・・、
PC260436_down.jpg

登る・・・わけですね。
PC260439.jpg

問題なく、元気一杯です!

2時間の体験なので、ちょうど1時間たったところで、おやつ。
スノーシューと言えば、やはり暖かい飲み物・・・ですね。
雪を踏みしめて、テーブルを作ったら、お湯をわかしてお汁粉を頂きました。

PC260463.jpg

ん??? うしろで、見知らぬ男性が、お汁粉たべてる。。。 もしかして、YETI??

いえいえ、47の広報担当、その実態は、プロのテレマークスキーヤーのカメちゃんです。
今回のスノーシューの様子を撮影し、47のスノーシュー広報に使いたいとのことで、カメラマンとして同行です。

でも、子供達には、そんなこと関係ありません。
PC260457.jpg
(子供達と戯れるプロスキーヤー)

でもね、ひとターン、片膝をついた謙虚なテレマーク姿勢のターンを見せて頂きました!
PC260440.jpg

でもね、シールを忘れて、登りでは、幼稚園年長さんの とも君にも置いていかれます(笑)。
PC260475.jpg

そんな感じで、和気あいあいのスノーシュー・ツアーになっとります。

おやつを食べたら、再び、雪の中へ。
PC260450.jpg

ももちゃん、元気にバランス良く、歩きました。
PC260473.jpg

今回、降雪直後のフカフカ雪は、体重で深くもぐるので、子供達には負担かな?と懸念はありましたが・・・、
二人とも、元気に歩き切りました!

今回のガイドの山爺こと、北原さん。元は、大学で高山植物を通じて環境を研究し、教鞭をとっておられたそうです。
ぼく自身、山爺のインタープリテーション、そして白馬の自然を楽しみました。
ぼくも、歳を重ねて、あんな味のあるインタープリターになりたいな、と思いました。
PC260479.jpg
(山爺こと、北原さん)

お話を伺うと、白馬近辺のスキー場で、スノーシューを体験できるのは、47だけだそうです。
北原さんを始め、白馬の自然を楽しんでもらいたいと思う方々が各方面に働きかけて実現し、
47ゲレンデに限らず、保育園から小学生等、多くの子供達を受け入れているそうです。
ガイドも、北原さんの仲間だけではなくて、いざとなれば山岳救助隊まで駆りだすというのですから、なかなか組織的。こういうオペレーション面での取り組みも、勉強になりました。

そして雪上トレッキングが、子供たちを楽しませ、また学習の機会を作る可能性を、ゲストの立場から再認識することができました。

おーい、八ヶ岳山麓のフジケ~ン!そして、ペアハット師匠!
登山ばかりしてて、すいませ~ん!
八ヶ岳方面のスノーシュー、もっともっと、盛り上げてゆきましょぅ~!

さて、今日のスノーシューの様子は、47スキー場のホームページに新設されるスノーシュー・ページに登場するそうです。

ん???、この二人、ぼくが主宰する「山のたまてばこ」専属モデルなんですけど・・・。

そう!白馬もいいけど、八ヶ岳もね!

「山のたまてばこ」から、ファミリー・スノーシュー in 北八ヶ岳のお知らせがあります。

そこは、標高2000M。雪の魔法がかかったような北八ヶ岳の森を歩きながら、ネイチャー・ゲームを楽しみませんか!
八ヶ岳は、東京方面からのアクセスも、便利ですよ。

「山のたまてばこ」ファミリー・スノーシューは、こちらでお知らせします!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

【お知らせ!】 「山のたまてばこ」ファミリー・スノーシュー! «  | BLOG TOP |  » White X'mas 2010 in 白馬(スキー編)

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。