topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

800回のこんにちは _ 親子で初!上高地ハイク (2日目)  - 2010.10.13 Wed

10月11日、上高地 親子ハイクの2日目。

山の朝は早いです。
午前5時、旅立ちの準備をする登山客達。
ぼくも目を覚ましました。

徳澤園から15分ほど歩いた新村橋を渡り、奥又白谷に向かう方向へ少し入ったところから、あの大きな前穂北尾根を見上げたいなぁ、そう思っていたのですが・・・・。
家族は、慣れない山道で疲れたのでしょうか。スヤスヤと眠っています。
往復1時間のお散歩は、ちょっときびしいかな、休ませてあげよう、と、一人で荷造り。

  初夏の前穂方面(その1)は、こちら

  初夏の前穂方面(その2)は、こちら

午前6時頃、まわりの宿泊客の慌ただしい足音。
なにごと?と外に出てみたら、この風景!

モルゲンロート。

IMGP0442.jpg

山が、真っ赤に燃えています。
急いで、家族を起こしました。
今日も、いい天気になるよ!

さて、徳沢園の様子をご紹介。

玄関横では、リンゴが冷たく冷やしてありました。
ももちゃんは、丸ままのリンゴが大好き。
実は、上高地のバスセンターで買った丸ままリンゴ 一個を、自分のリュックに入れて担いできました。
一緒に冷やしたいんですが、きっと、どのリンゴだか分からなくなっちゃうね。

IMGP0447.jpg

テント泊の方達も、朝ごはんの仕度。

IMGP0450.jpg

徳澤園内の廊下は、ピカピカに磨かれています。
階段には、こんな綺麗な着物が飾られています。
ももちゃんのリクエストで、パチリ。

IMGP0469.jpg

井上靖さんの小説「氷壁」の資料の横には、夢のあるガラス細工。
徳澤に住む小人たちの四季です。
かわいいですよ。
IMGP0459.jpg

IMGP0460_kobito.jpg
(冬の小人たち。もうすぐ雪の季節ですね。ももちゃん撮影)

さぁ、気持ち良い朝のハイキング!上高地まで戻りましょう。
徳澤園さん、お世話になりました。
とても楽しい山の一夜でした。
ありがとうございます!

IMGP0479.jpg

天気が良くて、とても気持ちいいハイキングです!
IMGP0480.jpg
(モルゲンロートに焼けていた明神岳)

IMGP0484.jpg
(常念岳方面)


今、この上の涸沢は紅葉の見ごろ。
穂高、槍へと沢山の登山客が、上がってきます。
ももちゃんは、今日も元気よく 「こんにちはー」と皆さんにご挨拶。
PA110163.jpg

これから山に向かう登山のみなさん、とても素敵な笑顔で、「おやよう!元気だね!」と返して下さいました。

人口密度は高くても、人間関係が疎遠な都会に住む子供達にとって、自分の挨拶が、相手に響き、返してもらえる体験。
その挨拶のやりとりが、とても心地よくて、お互いがホッコリした気持ちになれる体験。

こんな素敵な経験が出来るのも、本当に山が好きな方達が集まる場所だからこそ、かもしれません。
(実際、東京近郊の低山では、残念ながら、こうはいきませんから・・・)

昨日、明神から徳澤園に向かう登り、そして今日の下りで出会った、ほとんどすべての方にご挨拶をさせて頂きました。その数、ザッと800名。
みなさん本当に、素敵な笑顔を ありがとうございます!

ぼくは、これからも家族で、そして「山のたまてばこ」活動を通じて、皆さんとハイキングをしたいと思っています。その時には、山たま特製の笑顔で、「こんにちは!」とご挨拶したいと思います。

IMGP0489.jpg
(ニッコリ返して下さった笑顔が素敵で、写真を撮らせて頂きました)

みなさん、「どこから降りて来たの?」と聞いてくださいました。
小さな子供が、涸沢を朝早く発ったと思われたのでしょう。

「ぼくたちは、徳沢からです。初めての親子ハイキングなので。」と答えるぼくに、「じゃあ、来年は、涸沢だね」と返してくれた初老の紳士。
そうありたいです!頑張ります!
IMGP0509.jpg

途中、ももちゃんが楽しみにしていた冒険ポイント。
登山道に流れる沢に、木道が渡してあるのですが、そこを落ちないように渡るのが大好きなんだそうです。
IMGP0492.jpg

冒険というには、小さな沢ですが、こういう体験を積み重ねて、自然に親しんで欲しいと思っています。

明神まで着くと、ももちゃんお気に入りの梓川の河原で休憩しました。
リュックの中から、丸ままリンゴを取り出して、ガブリ。

IMGP0519.jpg

ももちゃんは、昨日と同じ梓川右岸路を辿り、岳沢・穂高方面の登山道と出会うアップダウンの道を帰りたい、とリクエスト。
うれしいじゃないですか!

でも、今日は、帰路の高速道路の大渋滞を避けるため、距離の短い梓川左岸路で帰ります。
IMGP0539.jpg

この道は平坦で、白い砂の道で足元にも優しいので、歩くのが苦手な方のお散歩道としていいですよ。

元気にあるいて、上高地まで戻ってきました。
北アルプスをバックに、またまたリンゴを ガブリ。
おいしいね!
IMGP0551.jpg

こんな感じで、初めての上高地 親子ハイクを家族みんなで楽しみました!

残念ながら我が家の場合、積極的に、「また、お山に連れて行ってね!!」・・・・・とは、なりません。

それでも、
綺麗な自然の中を気持ち良く歩いた経験、
岩や木道を歩いた経験、
そして、人と人との繋がりを感じた800回の「こんにちは」
を、どこかで思い出すことがあるなら、ぼくはそれで良いと思っています。

また、自然の中を歩きたくなったら、何時でも案内しますよ。
大きなザックに、ご所望のお荷物を詰めて運んで差し上げましょう(笑)。

今回の山旅の実現に向けて、お手伝い下さった山岳ガイド 成田賢二さん、そして応援して下さった皆さん。
おかげで、最高の山旅を、家族にプレゼントすることが出来ました!
心よりお礼を申し上げます。

来年、また北アルプスを訪れたいと思います。
IMGP0547.jpg
(あまり姿をお見せしていませんが、私です。 家族が楽しんでくれて、ホッ。)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

きみは・・・? 山から来たの? «  | BLOG TOP |  » 800回のこんにちは _ 親子で初!上高地ハイク (1日目)

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。