topimage

2017-08

下見(2)_ 山たま 2010”夏” in 清里 _ 飯盛山 - 2010.07.04 Sun

7月4日、朝4時起床。
昨日の雨で下見を延期した軽登山(ハイキング)コースの下見に行きます。
清里のすぐ近く、飯盛山です。

飯盛山には、何度も行ったことがありますが、今回は、子供の歩幅や視線に立っての視察です。
飯盛山は、学校登山のメッカの一つ。
獅子岩(平沢峠の駐車場付近)からなら、小学生の標準タイムは、飯盛山頂上まで一時間とのこと。

ただ、このコースを一時間かけて歩くのは、相当にゆっくりペース。
「山たま」ファミリーが無理なく楽んで頂けるように、ぼく自身が、このペースをシミュレーションしておくとともに、子供達への手助けポイントも確認しておきます。

飯盛山には、野辺山の「鉄道最高地点」から、広々した畑が広がる道に入ります。
IMGP8875.jpg

電波望遠鏡を見ながら、進みます。今日も、宇宙を狙っているんでしょうね。
IMGP8870.jpg

獅子岩(平沢峠)に到着したのは、午前6時50分。ぼくの車が一台だけです。
雲の切れ目も見えますが、雨が降っていて、飯盛山方向も、雄大な姿を見せるはずの八ヶ岳も、ガスで全く見えません・・・。
ポケッタブルのヤッケを着て、登り始めました。
IMGP8778.jpg

登山道です。時折り、青空がのぞくと、夏の山を思います。
IMGP8785.jpg

雨は降り続き、稜線は、ガスで真っ白です。
山たまの当日は、晴れてくれよ、と思いながら、進みました。
IMGP8801.jpg

ガスにくもる稜線には、雨に濡れた草花が、沢山さいていました。
雨に濡れたニッコウキスゲが、綺麗です。
IMGP8796.jpg

「ごはんを盛った形をした山頂も、白らんでるなあ」、そう思った時です。
八ヶ岳はガスで全く見えませんが、その麓から、天に向かう橋がかかりました!

虹は、どんどん伸びて、八ヶ岳から南アルプスに続く橋のようです。

IMGP8828.jpg

真っ白な山頂を予想していただけに、こんなことって、あるんですね!

富士山も見え始めました。
IMGP8839.jpg
(中央、富士山)

虹の橋も、富士山も、この山頂では、ぼくが一人占めです。
誠に勝手な解釈で恐縮ですが・・・・。
なんとなく、「山でやりたいことを、やってみなさい!」と、山に祝福されているように思いました。

さて、下山。東京の家族の元に帰ります。
IMGP8844_ad.jpg
(虹に向かって、歩きます)

振り返ると、飯盛の由来がわかる山頂が、富士山を後ろに控えて、ポッコリと顔をだしていました。
IMGP8845.jpg

飯盛山は、タイム的には、登りは、ゆーっくり歩いても、50分程。
ただし、小休憩や、段差にて子供達の確保の時間がありますから、1時間少々でしょう。
下山は、大人の足なら、25分もあれば降りてきてしまいますが、子供の場合、むしろ下山をゆっくりペースにした方が良さそうです。

東京にて、飯盛山ハイクの事前に予習するのでしたら、高尾山をケーブルカーで上がった駅を起点に、ファミリーで3号路を登り下りできるようなら、大丈夫かと思います。

IMGP8854.jpg

午前7時半には、獅子岩を発ち、東京には、スムーズに帰宅しました。
そして、我が家のベランダにある畑で、ミニ・トマトを収穫。
これまた甘くて、おいしい野菜でした。

IMGP8885.jpg


さあ、夏休みには、最高の眺望を、ご一緒に楽しみましょう!
その時には、目前に八ヶ岳が、ドーンと見えますように。

IMGP8829.jpg

この眺望を、みなさんに!

3月の飯盛山の様子は、こちら

【後記】
早朝、小雨の獅子岩駐車場。

「登るんですか?」

振り返ると、青いヤッケを着た とっても爽やかな笑顔の若い女性。
大学のワンゲル部に所属し、夏の登山合宿に備えて、ランニングをしているそうです。
「ぼくは、夏休みの子供登山の下見なんです。頑張ってくださいね。」

その方は、カモシカのようにしなやかに、獅子岩の方へ走っていきました。

朝から、とても爽やかに気分になりました。
この夏、良い登山ができること、祈ってます!
名称未設定 2

こういう山での出会い、いいですね。

● COMMENT ●

スゲー!!

飯盛山からの景色、そして虹見ましたよ!
めっちゃキレイな景色ですね!
ホント素晴らしいご褒美ですね~(^o^)b
山での素敵な出会いって人だけじゃなく、景色もあるな~って思いましたね!
きっと『山たま』を歓迎してくれてるんでしょうね!
僕も成功を祈ってます(^o^)b

応援、ありがとうございます!

GFコージーさん

いつもありがとうございます。

真っ白いガスの中、
「うん、ここは、スポット(支えること)があると良いな」と、
誰もいない後ろを振り返りながら、子供たちの姿を思い浮かべながら進んだご褒美でしょうか。

標高の高低にかかわらず、胸に残る山の風景って、ありますよね。
子供たちにも、ぜひ、都会では味わえない眺望を、胸に抱いて欲しいです。


管理者にだけ表示を許可する

下見(将来編)_ 山たま 201× ”夏” in 清里 _ 西岳・編笠山 «  | BLOG TOP |  » 下見(1)_ 山たま 2010”夏” in 清里 _ トレール探し

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる