topimage

2017-08

新緑の抹茶ラテ(その1)-裏妙義山行 - 2010.05.16 Sun

2010年5月12・13日、群馬県の妙義山に登ってきました。
楽しい仲間達とすばらしい眺望、そして歩きごたえ、登りごたえのある登山でした。

とにかく写真目一杯で、ご紹介します!
抹茶ラテに ふんわり乗っかる緑の泡のような新緑を見てください!

妙義山ってご存知ですか?
上信越自動車道で軽井沢方面に向かう時、ゴジラの背中のようにギザギザした山が見えます。
あの幾つかの山々を総称して、妙義山と呼びます。
今回は、12日に御岳・丁須の頭などで構成される「裏妙義」、13日に白雲山方面の「表妙義」を歩き、2日間で表裏の妙義山を縦走しました

リーダーは、いつもお世話になっている山岳ガイドの成田賢二さん。
そして成田隊の仲間達は、成田ツアーの常連であり、人生の先輩のお姉さま方です。

同行のお姉さま方は、ぼくの母親に近い年齢の方々ですが、すごいです!
そもそも今回の山行は、お姉さま方が、剣岳に源次郎尾根から登る来月の山行、そして夏に北アルプスのジャンダルムに登るための、前哨戦としての練習!!なんですから・・・・。
なかなか北アルプスに足を伸ばせないぼくですが、表妙義・裏妙義を2日間で縦走できれば、とても良い経験になりそうです。

5月12日、午前9時半、裏妙義縦走に出発です。
妙義は、修験道の山です。
そして、かつては、浅間山荘事件をおこした連合赤軍のアジトがあったそうです。
それだけに、人を安易に寄せ付けない険しさを感じます。

とはいえ、JR横川駅近くの御岳登山口に入ると、もう、そこは若葉一杯の世界です!
fall.jpg
大きな深呼吸をして、2日間の山行の始まりに、期待に胸が膨らみます!

最初の休憩。
妙義の山歩きは、街のすぐそこに見えるのが特徴です。
空中に飛び出た岩棚のザンゲ岩より。
P5120486.jpg

JR横川駅の脇に、懐かしい列車が展示されています。
P5120487.jpg


今日の仲間は、KさんとFさん、そしてぼく。リーダーは成田さんです。
ミツバツツジが満開です。
P5120490.jpg

ぐんぐん歩くと、なんだ、あれ???
山のてっぺんに、トサカが乗っかっているみたいです。
P5120501.jpg

このトサカが「丁須の頭」。
「意外と、小さいわね~」とKさん。そっかな~??。
まず、岩々を乗り越えて、あそこまで歩きます。
P5120547.jpg
(前から、Kさん・成田さん・Fさん)

で・・・・、成田さん、
P5120561.jpg

どこに登ってるんですかぁ~??
P5120515.jpg

あ、てんぺんまで行っちゃいました。
P5120516.jpg
気持ちよさそうに、手をふってますね。
そう、ぼくたちが、丁須の頭に登るため、先に登って確保をして頂きます。

隣の岩峰に、ひとりでカメラをもって遠征し、みなさんの登攀の様子を撮影しました。
P5120523.jpg

久しぶりの山登りとなったベテランのFさん。あと一息ですっ!
P5120524.jpg

で・・・・、登ったら、降りるんですよね。
どうやって??
懸垂下降といって、腰につけたハーネスに体重をかけながら、ロープに伝っております。
よくビルの窓ガラスの清掃の方がやってますね。あれです。

Fさん、初めての懸垂下降とのことでしたが、姿勢が決まって、かっこいいです。
P5120534.jpg

ぼくも登りました。
P5120522_me2.jpg
(自分が登ると、写真無いんです。。あまり姿をお見せしていませんが、私です)

丁須の頭からの眺めです。
寒気が入って、空気が澄んでいましたので、最高の眺め。その分、風が強かったです。
P5120536_tyozu2.jpg

真中より左遠方の 浅間山には、少し雪の帽子が残ってます。
P5120537_tyozu.jpg

お~い!
P5120540_chozu_view.jpg

さあ、道のりはまだまだ続きます。

こんなチムニー(煙突状のくぼみ)を懸垂下降したり・・・。
chimny.jpg
(Fさん)

こんな絶壁、赤岩・・・・。
akaiwa.jpg

その中ほどに続くトラバースを超えて行きます。
P5120558.jpg

ちょっとスリルもありますが、でも、みんな楽しそうでしょ!
P5120560.jpg

こんな道ですから、東京近郊の身近な山とは、入山者数が うんと少ないはずです。
岩肌にも可憐な草花が自然のままに咲いています。
P5120545.jpg
コイワサクラというそうです。

だいぶ、日が傾いてきました。
日が長い時期はいいですね。 ガッツリ歩けます!
P5120568.jpg

三方境からは、並木沢コースを降りました。
妙義の山の尾根や谷の形は複雑です。
尾根が、必ず麓に続くとは限りません。
道を誤り、いきなり断崖絶壁に直面し、行くことも帰ることも出来なくなるケースも多いそうです。

並木沢コースの下山では、成田さんについて頂き、読図の練習をしました。
眺望が効かない中で、現在地を把握するのは、難しいですね。
いつもGPSに頼っていますが、これからは地図を見ながらの練習にも取り組もうと思います。

麓の集落に降りて、今日歩いた山を振り返ります。
眺望も最高、緑も最高、攀じ登り、歩きがいのある楽しい山でした!
また来たいぞ! 裏妙義!
P5120573_back.jpg

明日は、この表妙義を縦走します!
P5120495_omote.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

新緑の抹茶ラテ(その2)-表妙義山行 «  | BLOG TOP |  » 山へ!!

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる