topimage

2017-08

身近ないいとこウォーキング - 高尾山-南高尾山稜 (Updated) - 2010.04.21 Wed

4月17日、立山黒部アルペンルートが開通しました。
アルペンルート開通のニュースは、こちら

その日に合わせて、お世話になっている山岳ガイドの成田賢二さんから、「立山に行きませんか?」とお誘いのメールを頂きました。う~ん、行きたい。でも・・・・、なかなか時間が自由にならないですね。
成田さん、とても良い山行だったようですね!残念!
そんな時でも、そのうち、ソレッ!と山に行けるように体力トレーニングは、しておきたいです。

ということで、4月18日早朝、いつもの「身近ないいとこウォーキング」に出かけました。
この日は、高尾山口から稲荷山コースに入り、高尾山頂直下から大垂水峠を目指した後、南高尾山稜(大洞山 - 三沢峠 - 草戸峠)を経て高尾山口に戻る道を歩きました。
南高尾山稜は、明るい山道で、以前はマウンテンバイクで、何度となく走った道のり。久しぶりなので、楽しみです。

高尾山口駅から歩き始めたのは、午前5時半。距離としては約16Km弱、帰宅後、娘のももちゃんと動物園に行く約束があるぼくは4時間で歩き切り、9時半には電車に乗りたいところです。

東京は、この2日前に季節外れの雪が降りました。
予想していたのですが、朝の冷たい空気に、かなり霧が出て、登山道は雪と水たまりで、グシャグシャです。
この悪路と、近場ということで完全に油断して、道を間違えて引き返した時間もあって、歩行距離も18Kmに伸び、また予定時間を約1時間オーバーしてしまいました。
これがまた・・・・、娘との休日の約束に影響が・・・・。ごめんなさい。

IMGP7952.jpg
(霧に映る朝日が幻想的です)

IMGP7978.jpg
(登山道は、この通り。溶けかけた雪と水たまりで、グシャグシャです)

午前6時。霧に浮かぶ山は、まるで、どこかの高山にきたみたいですね。かなり、綺麗!早起きは、三文の得!!
IMGP7962.jpg

高尾山頂を巻いて、城山方面に向かうと・・・・。
今日も、富士山はもちろん、雪をかぶった山々を一人占めです。最高じゃないですか!
IMGP7988.jpg

桜と雪と富士山と・・・。なかなか、見られない風景でしょうね。
IMGP7992.jpg

途中、城山に向かう途中、大垂水方面の標識。
初めて歩く道で、手持ちのGPSに入れている1/25,000の地図にも載っていないルートなのですが、ガイドブックで見たこともあるので、はっきりしている道なんでしょ、と、ショートカットのため、入ってみました。
しっかりした快適な道が続き、春を楽しみながら歩けます。学習の歩道というそうです。
IMGP8009.jpg

春の様子です。
IMGP8004.jpg

ad_IMGP8012.jpg
(歩道に流れる小さな滝の水は、とても澄んでいました)

IMGP8008.jpg

午前7時を回った頃、林道に出ました。
「林道を経て、大垂水峠方面」という標識に従いました。
IMGP8014.jpg

早く林道を抜けようとしたのか、何か考え事をしていたのか、完全に油断していたのは間違いないです。
ボーツと歩いていたら、林道から、大垂水峠に分ける細い道の入口を見落としてしまいました。
林道を登りすぎて、30分以上ロスしてしまいました。
面目なし。近場だからと言って、油断は大敵です。

久しぶりの大垂水峠に出ました。
自転車の人達も、甲州街道を気持ちよさそうに通り抜けていました。
大垂水

雪の上に、桜の花のガクが降って、そこに鳥の足跡が続きます。
IMGP8041.jpg

10年ぶりくらいでしょうか。見晴らし台から津久井湖方面を見た”箱庭”です。
IMGP8049.jpg

ここで、不思議な方とすれちがいました。
綿パンをはいて、ペットボトルを何本か入れたコンビニ袋を持った、ほんとにコンビニ帰りみたいな男性です。
大きな木の枝を削って作った金剛棒を持って、歩いています。
この近くの住人の方かもしれませんが、あまり人が住むところにも思えず・・・・。
この軽装は、相当のベテランさんかな・・・。
「ひとり~?気を付けて行ってね~。」と言われたものの、あの方は、どこから来て、どこに行く方なのか。
この先は、雪解けの道で、綿パンは、あっという間に泥だらけになってしまわなかったでしょうか。。

さて、登山道には、ところどころ桜の花びらの絨毯が敷かれていました。
ad_IMGP8044.jpg

この日は、三沢峠を草戸山・高尾方面に進んだのですが、梅の木平に降りると どれくらい時間短縮ができるか、調べておきたいと思います。
IMGP8056.jpg

草戸山から、高尾山口に行く道は、気持ちの良い尾根道が続きました。
途中、携帯電話にももちゃんからの電話が・・・・。
「ぱぱぁ~、今、どこにいるのぉ~? もう、動物園にいく準備して待ってるんだよ~ぉ!」
いかん。雪解けの道や分岐の見落としで、予定を約1時間オーバーしています。
あと一息。駅に向けて、かなり、一生懸命歩きました(小走りしました)。

高尾山口付近では、これから、草戸山方面に向かうたくさんのハイカーと、すれ違いました。
ペースを上げて歩こうとすると、やはり、早起きは「三文の得」ですね。

午前10時20分頃、高尾山口駅に着きました。
駅には、たくさんのハイカーが待ち合わせ。
良い天気の山を楽しんでくださいね!
IMGP8067.jpg

さて、帰宅してリュックを置き、裾が泥だらけのズボンを履き替えたら、そのまま、ももちゃんと二人で動物園に出かけました。
暖かな春の日で、花の写真を撮るももちゃん。
「お仕事してるママのために、お土産にするの」
ad_IMGP8108.jpg

手漕ぎボートを楽しんで、最後に春をスケッチ。
ad_IMGP8206.jpg

楽しい春の一日でした。
0418_picture.jpg

【後記】
東京近郊に住む方にとって身近な高尾山ですが、好印象の南高尾山稜と組み合わせると、ほどよく距離もあって、気持ち良く歩けました。南高尾山稜を、マウンテンバイクではなく、歩いたのは、実ははじめて。変わらず明るい道です。
時間短縮可能なショートカット・ルートも加えて、「身近ないいとこウォーキング」の定番になりそうです。

バリエーションルートへ、体力トレーニングのため近場のウォーキングへと、ますます山に行きたいところですが、少しヒザの具合が良くありません。しばらく、ペースを落として休養をしようと思います。
膝のサポーターは色々あるようですが、登山に向くお薦めがありましたら、是非、教えて頂けると助かります!

IMGP8051.jpg
(あまり姿をお見せしていませんが、わたしです)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

春がすすむ «  | BLOG TOP |  » 誕生日に思うこと

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる