topimage

2014-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いにしえに続く北アルプスの道_徳本峠から島々宿、バスに乗る - 2014.08.28 Thu

2014年8月、台風や各地で大雨が続く不順な天候の夏でした。長野県北部から北陸に前線が停滞し、準備してきた計画を変更。
人気の表銀座から槍の頂を踏み、横尾から蝶ヶ岳を経て、かつて槍ケ岳を開山した播隆上人が通ったという大滝山、そして、バスが上高地に向かう国道ができるまで、重要な上高地へのアプローチ道だった島々谷の道を行く3日間の山旅。いつか、一本に繋げて下見をしたかった約70Kmのロングルートです。

その旅も3日目終盤、いよいよ、徳本峠(とうごうごうげ)から島々宿まで、川沿いの16Kmの道を行くクラシックルートに入ります。かつてウォルター・ウェストンや、芥川龍之介もここを歩いて上高地に入ったという道ですが、さかのぼれば、数百年前は、木こりの道。豊臣と徳川の戦国時代の逸話も残る古い道です。
いま、山登りをやる山屋の端くれといて、特別な思いを持って先人達が歩いた道を行きました。

3日目、横尾から蝶ヶ岳に登り返して大滝山から、徳本峠に下る途中、徳本峠小屋に泊まったという女性登山者に話を聞くことが出来ました。徳本峠小屋の食事は豪華で、おいしいわよ。いい宿よ。ぼくも、下見した大滝山荘や周りに咲くお花の様子をお話し、ワクワクしながら徳本峠にやってきました。

時代がとまったかのような小屋が目の前に現れたのは突然でした。なんて、静かなたたずまいなのでしょうか。

R0018550_20140828080444584.jpg

小屋の扉をあけると小屋の皆さんが昼食中でした。お昼に何か、頂けますか?ありあわせでラーメンを作って頂けることになりました。準備頂く間、台風の後、まだ様子を見に行かれていないということで、いまぼくが歩いて来た中村新道の様子をお話しました。
お花の奇麗ないい道ですね。丁寧に手入れ頂き、ありがとうございます。とお礼を言いますと、とても嬉しそうな笑顔を返してくださいました。

作って頂いたラーメンは、ベーコン、ズッキーニをはじめとする野菜炒め、そして野沢菜を載せて頂き、ボリュームたっぷり。ありがたく、ファイトの湧く味でした。

R0018551.jpg

ぜひ、ツアーで皆さんにご紹介したい、ほっこり暖かい宿です。

ここから16Km、島々谷を行く道は、雨の影響で、徒渉ポイントや登山道の幾箇所かは多少川の中を行くような感じでしたが、道が、緑が美しく、日差しを受けながら、バス停めがけて、誰もいない道を行きました。
暑くて苦しくなれば、川で顔を洗えばOK。途中、激流に削られた岩場もありますが、林野庁の印がついた頑丈な木道が付けられています。木道は滑り易いので、そこは注意。

かつての登山者も、この道を歩いたんですね。

R0018560.jpg

誰もいない、ぼく一人のこの道。小走りさせて頂きました。

R0018572.jpg

台風や大雨が続き、水かさが増えています。丸太橋のすぐ下を、轟々と音を立てて、水が流れていました。

R0018578.jpg

暑くてオーバーヒートしそうになれば、この清流で顔を洗います。贅沢です!

R0018576.jpg

ぜひ、訪ねてみたかった岩魚留小屋。昭文社の地図には、予約がある時のみ営業と書かれていますが、壁板の一部に穴が開き、一泊の営業収入より修繕費の方がコスト高な気がします。もう、しばらく開いていない気もしました。午前中、蝶ヶ岳稜線のガスや雨がうそのように、明るい日差しの中、しばし、縁側で静かな休息をさせて頂きました。ぼくが生まれるより、もっと古い壁の落書きが、時の流れを感じさせます。

R0018585.jpg

R0018574.jpg

R0018590.jpg

R0018596.jpg

島々宿のバス停につけば、ちょうど、次のバスまであと5分。
ザックから水筒を出して、喉を潤す時間はありました。

R0018626.jpg

R0018629.jpg

中房温泉から約70Km。2泊3日の山旅は、個別ルートでみると、特別に難度の高い箇所はありません。
そんなルートを繋げることで、自然や地形の移り変わりをFast Hikingスタイルで楽しむことができました。流れるような旅だからこそ、幾人かの人々との出会いが、強く気持ちに残っています。

ごく一般の登山ペースですと5泊6日、あるいはもう一日予備日を見た方が良いと思います。テント泊もいいけど、ぜひ、小屋を味わいたい。ぜひ、山好きの方と訪ねてみたい、取って置きのロングルートです。

R0018553.jpg
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。