topimage

2014-07

Epilog:信越トレイル 80Km 一泊二日のFast Hiking - 2014.07.26 Sat

2014年、7月21日。信越トレイルを完歩した翌日。斑尾山が、夏の晴天に映える良い天気。
テントをたたみ、各駅停車を乗り継ぎ、昼前に、八ケ岳山麓、富士見町に帰宅しました。

R0018009.jpg

タクシーで、飯山駅に降り、飯山線で長野に向かいます。信越トレイル出発前、7-11のクジで当ったエビアン330ml。水の補給が難しいので、最後まで手を付けず、ザックに入れておいたお守りです。車窓の千曲川を見ながら開けました。乾杯!

IMG_0164.jpg


八ケ岳には、積雲が掛かっていました。強い日差しながら、乾燥した風が心地よく、汗もかきません。大洗濯をしながら、ようやく、ずっと描いていた信越トレイルをスルーハイクしたんだな、と実感が湧いて来たところです。

信越トレイル、お薦めは、涼しくなる秋だと思います。ぼくのようにスルーハイク(縦走)ではなくて、一般に、何度かにわけて歩く、セクションハイクが良いと思います。麓の宿には、トレイルの入口まで車で送ってくれて、夕方、下山口まで迎えにきてくれるそうです。何度か、おそらく4-5回にわけて、ゆっくり自然を楽しむロングトレイル・ハイキング。行ってみたい方がいらしたら、ぜひ、お声がけください。美しいブナの森を歩きながら、厳しい自然をいきた人々の生活に思いをはせませんか?

【スルーハイク記録】
2014年7月19日(DAY1)
07:10森宮野原駅出発-0843天水山山頂(スタート)-11:08深坂峠-11:52野々海峠-13:52伏野峠-16:44牧峠-16:55水場-17:20牧峠-18:43グリーンパル分岐-19:05グリーンパル光ヶ原

2014年7月20日(DAY2)
06:10グリーンパル光ヶ原-07:39鍋倉山-08:42小沢峠-09:31仏ヶ峰登山口-10:42桂池-12:28富倉峠-12:42毛無山-15:00希望湖-16:09赤池-17:16袴岳-17:59万坂峠-19:10斑尾山(ゴール)-下山20:15レストラン・チロル前

【後記】
Fast Hikingで、スルーハイクを楽しむために。
今回のスルーハイクを通じて、ロングトレイルをやるコツみたいなものが分かって来ました。トレイル上で何組かのハイカーに会いましたが、皆さん、いわゆる登山装備。中には、アルプスをテント泊縦走するような大きなザックに重装備の方もいました。みなさん、暑いでしょう。スタート間がないのに、かなり疲れたようにみえました。

信越トレイルは、無積雪期で言えば、標高が低いので、気温と湿度が高く、特に天水山と関田峠の区間は、細かいアップダウンが、これでもか、と思うほど続き、思いのほか体力を消耗するけれど、水の補給に限りがある、という特徴があります。
特に、あまり時間を取れないビジネスマンの方向けに言えば、登山とトレイルランの間をとった装備や体力、技術があると、追加補給を抑えつつ行動スピードを上げて、短期間のスルーハイクを、楽しみやすくできるかな、と感じています。
もう一つ、軽い道具は、やはり行動を助けます。でも、使う環境のストライクゾーンが狭くなるので、”工夫”が必要になる場面も見過ごせません。
その”間”、つまり「軽快さ」と「安全さ」をどうとるか、すなわち、"Fast Hiking"を、どう楽しむかは、体力や山の経験によるのでカスタムメイドになる、と思います。
このあたりを取り入れながら、"Fast Hiking"を経験したい方向けに、ロングトレッキングの経験に役立つツアーもリクエストに応じてご提供し、一緒に楽しみたいと思っています。

IMG_0150.jpg


そういえば、ぼくに食事を提供してくれたオートキャンパーの皆さん、ぼくのことを、山マラソンのお兄さん、と呼んでいました。写真をみると、確かに、トレイルランナーにしか見えません。でも、自分を”ランナー”と思うことなく、心は、自然と人との関わりを大切に思う”ハイカー”であり続けたいと思います。

R0018012.jpg

最後に、楽しい晩餐に、びしょ濡れの姿で飛び込んだ ぼくに、おいしい晩ご飯を分けてくれたキャンピングメーカーVantechとディーラーの皆さん、ありがとうございました。一人で80Kmを歩き通してきたぼくには、みなさんの暖かいお気遣いが心にしみました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
R0018010.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (134)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる