topimage

2014-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ケ岳周回に続く道_八ケ岳スーパートレイル Area 6,7,8,9 - 2014.05.30 Fri

岩、緑、動物。自然に会うために山に向かいます。
そして山麓には、集落、そして山と集落の緩衝材となる里山。
そこには、田んぼ、広葉樹林、昔ながらの生活道や、山頂に詣でた古の山岳信仰の道が残ります。
山の周りには、人の暮らしがあります。

今、ぼくは、こういうものを全てくるんで、山と関わりを楽しんで行きたいと思っています。
里山を貫き、山の峰々につながる長い道、ロングトレイルの楽しみです。

最近の登山ブームで、ピークを目指す登山客、岩壁を攀じ登るクライミングを楽しむ方が増えています。いずれも垂直方向の楽しみ方で、一方で、ロングトレイルを楽しむ、どちらかというと水平方向を楽しむ方も増えているようです。

欧米、例えば、アメリカの国立公園を行くジョン・ミューア・トレイルやアパラチアン・トレイル、スウェーデンの王様の散歩道などは有名ですが、日本でも、ロングトレイルを定義する動きがあります。
北アルプスの山岳縦走路もロングトレイルにカウントされているようですが、日本ならではの里山を行くロングトレイルとして、自然保護の意味も含めて代表的なのは、長野県と新潟県の県境にある信越トレイル。そして、八ケ岳山麓にも、八ケ岳を周回する200Kmの八ケ岳スーパートレイルがあります。

ぼく自身、八ケ岳を巡る道は、何度も歩いたエリアもあれば、虫食いのように空白のエリアもあります。今シーズン、ぼくの大好きな八ケ岳を巡る道を、何回かに分けながら、歩きと通そうと思っています。

その取っ掛かりが、小淵沢の近く、甲斐小泉の三分湧水から標高をあげて八ケ岳自然歩道を歩き、美し森から清里を経て、野辺山高原の飯盛山のピークを踏んで野辺山駅に降りるルート(Area6,7,8,9)です。
少し前に一日歩いたのですが、標高1500Mから1700Mの間を行く道は、新緑とまだ雪を頂く山々のコントラストを楽しむことが出来ました。

R0017109.jpg

まだ春浅く、飯盛山では、八ケ岳をバックに山桜。

R0017222.jpg

最後は、宇宙電波望遠鏡を横に見ながら、野辺山駅へ。小海線で帰りました。

R0017237.jpg

こうして盛夏までの間に、八ケ岳スーパートレイルを味わい直し、そして北信のトレイルにも出かけたいと思っています。

里山を行く、山麓を周るということは、人々の生活や権利と密接な場所を通るということですし、そこに折り合いをつけて道をつけても、あっという間に、道は草に埋もれてしまいます。我が国でロングトレイルを整備する試みは、まだ始まったばかり。
一方で、すでにオーバーユースで、天然のブナ林の痛みが目立つ場所もあると聞きます。

自然と私たちの折り合いをどうつけていくべきか。ロングトレイルを行く旅は、そういうことを考える切っ掛けになるのかもしれません。

ぼくは、今、ロングトレイルをゆく、ちょっとアクティブなハイキングを提案しています。
トレイルランニングほど負荷をかけず、でも、荷物を身軽にして、眺めが良いところでは、すこし駆け足で気持ちよい汗をかきながら、歩きよりも行動範囲を広げて行く。
その気持ちよさが、もっと自由に自然を感じさせてくれるはずです。
お膝元の八ケ岳スーパートレイルはもちろん、その他のロングトレイルでも、「山と自然と人々の暮らし」を丸ごと感じる こんなツアーを企画して行きます。

もちろん、必要な装備のアドバイス、行程管理や安全管理など、登山と同じ勘所は、登山ガイドのぼくが支えてまいります。

ロングトレイルの旅。
興味をお持ちの方は、プラン、必要な装備など、ブログ左のメッセージボックスから、お問い合わせ下さい!

これからも、ちょっとアクティブなハイキングの旅を、ご紹介してゆきたいと思います!
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。