topimage

2010-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍・穂高デビュー!(速報) - 2010.05.31 Mon

”辰村は、岳彦にこれからどうするのだと訊ねた。
「今夜は、この辺で寝て、明日は涸沢、明後日は北尾根をやるつもりだ。(中略)
岳彦は足下に又白池を見た。まさか又白池がそこから見えるとは思っていなかった。徳澤園で、あの辺に又白池があるとは聞いていたが、その池の冷たい表情を、絶壁の下に見るとは想像もしていなかった。(中略)
「この次は、何をやるつもりだね」辰村昭平はおそるおそる訊ねた(中略)「滝谷だけではない、そのうち、屏風岩をやるつもりだ」岳彦の眼には執念の炎が燃えているように見えた。”
(「栄光の岩壁」(上)新田次郎)

5月29・30日、初めて北アルプスに行ってきました!
結果的に、天気予報に反して、2日間、良い天気の上高地でした!
まず、この風景を見てください。

屏風岩にある、屏風の耳(というピーク)から見た風景です!
P5300891.jpg
(左から前穂、奥穂、涸沢岳、北穂、槍ヶ岳、北鎌尾根、向こうに野口五郎岳)

天候が不安定なので、予定していた前穂北尾根は変更。
山岳ガイド成田賢二さんお薦めの眺望の良い場所を辿るアイゼンワーク練習となりました。

29日は、徳澤園に荷物をデポした後、午後2時過ぎから、奥又白池へ。
30日は、屏風の耳から、穂高・槍の全貌を堪能することができました!

map.jpg

29日、大分、日が傾いた頃、当初予定していた前穂北尾根を見上げながら、奥又白谷に入りました。
kitaone.jpg

その雪渓を登り切ると・・・・・。
P5290819.jpg
(ご一緒したお姉さま。前Yさん、後ろOさん。お二人とも、すごいパワーです。)

こんなところに、池がありました。これが、奥又白池。紅葉の時期が素晴らしいそうです。
雪に埋まった池も、幻想的でした。
P5290825.jpg

30日。
徳澤園から新村橋を過ぎた登山道で、ルリビタキに会いました。
幸運の鳥、ブルーバード。
きっと、いいことあるね!
ruribitaki.jpg

アイゼンを履いたら、今日も奥又白谷を登り、夏は高原植物でにぎわうパノラマコースに入って、屏風のコルを目指します。

P5300873.jpg
(慶應尾根から見た右側雪渓の上部が、屏風のコル。慶應尾根、もうひとつ、お隣は早稲田尾根、と大学の名前が付いていることに登山の歴史を感じます。)

なかなか、息の切れるアイゼンでの道のりでした。
P5300876.jpg
(あのコルに向かって右側は落石が多いから、左側を行こうと、成田さんからルートファインディングも教わりました)

この雪渓、下の写真の右から一つ目、二つ目のピークの間の白い雪の部分。
どうりで・・・。アイゼンワークトレーニングには最適でしたが、疲れました。。
overall.jpg

この雪の登りを終えて、岩と雪のミックスや、アイゼンを付けたり外したりの道を超えると、屏風の耳。
(もちろん、「栄光の岩壁」にあるように屏風岩を登ったのではありません。)
標高は 約2600Mで、三等三角点もありました。
そこから見える槍・穂高が、冒頭のパノラマ写真です。

byoubu.jpg
(帰路、涸沢から横尾に向かう登山道から見上げる屏風の岩。この上の頂上にいたなんて、我ながら、驚きです)

いや~、すばらしい眺め。
P5300890.jpg
(屏風の耳から、前穂高ピークに続く北尾根をバックに、成田ガイド)

ご一緒したベテランのお姉さま方からは、「槍・穂高デビューが、こんないい日だなんて、贅沢よっ!」の一言付(笑)。
え、そうなんですか?
暑い夏の縦走から始めるのが、一般的とか・・・。
最初に、こんな綺麗な山々を見ることが出来て、本当に幸運です。
ルリビタキさん、ありがとう!

詳しくは、またレポートを追加します!

山岳ガイド成田賢二さん、ご一緒したOさん、Yさん、ありがとうございました。
とっても充実した2日間。ぼくにとって、最高の槍・穂高デビューとなりました!
また、ご一緒させて下さい。

いつも道具やテクニックを教えて頂く「山の店デナリ」の山岳ガイド庭野正和さん、ありがとうございます。
TRIOREに合わせて紐を調整頂いたBDのアイゼン セラック、MAMMUTのTRION GUIDE 35、その他お薦め頂いたギアが、大活躍しました。

そして、ももちゃんママ、ももちゃん、北アルプスに行かせてくれて、ありがとう。
雪、岩、緑、澄んだ川から、大自然のエネルギーを頂き、心身ともに強くなった気がします。

me_530.jpg
(涸沢を経て、上高地に向けた帰り道。あまり姿をお見せしていませんが、私です)

【後記】
帰宅したら、ももちゃんが、熱を出して寝ていました。
幸運がくるように、枕元で、今日で会ったルリビタキの話をしました。
早く、良くなってね。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。