topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての山の日! 絶景の西穂独標ツアー!! - 2016.08.24 Wed

すっかりご無沙汰してしまいました。
いくつもの来襲する台風に気を取られていて、気がつけば9月はすぐそこ。なんとなく秋を感じます。
そんな時期に更新が遅くなりましたが、思い出深い夏のイベントをご紹介させてください。

さて、みなさんは、8月11日、初めての山の日を、どのようにお過ごしでしたか?
当初、突然やってきて、地味な印象の休日でしたが・・・・。当日の山に向かう高速道路は大混雑。多くのみなさんが、山の自然を楽しまれたのなら、こんなに嬉しいことはありません。
ぼくは、クラブツーリズムさんのツアーのガイドで、西穂独標に行ってきました。

2016年8月11日、バスが発車する東京の新宿は、どんよりと曇り。中央高速道は、大渋滞。
新穂高ロープウェイの到着は、予定より随分遅くなりましたが、天候は快晴!ツアー参加者の多くは、60から70歳代ですが、クラブツーリズムのツアーの常連の山慣れた方が多く、ペースを保って歩き、日没までに山小屋に到着できると判断。
朝、バスで出発してから、約8時間半!!車中で頑張った皆さんのために、絶景を見て頂きたいと、写真一枚分の時間だけですが、ロープウェイの展望台でパノラマを堪能して頂きました。

P8111478.jpg

今回のツアーの一番のポイントは、ツアーが、山の日とその翌日に当たっていること。とても思い出深い日ではありますが、山を楽しむ方々で混雑するなら、どうすればリスクを回避し、皆さんに安全に楽しんで頂けるでしょうか。
ぼくは、ツアーのみなさんと、すべてに余裕をもって動きましょう、とお話ししました。混雑を避ける時間に動くこと、イライラしないようにゆずり合うこと、そして「ありがとう」と声がけすることです。

ぼくが言うのも、おこがましいですが、人生の大先輩のみなさん、同意してくださって、とてもアットホームなパーティになりました。
いつもより、ちょっと早いペースだったかもしれません。ごめんなさい。でも、日没までに西穂山荘に到着。岩場が不安です、と、そっと教えてくださったゲストもいらっしゃいました。そこで宿に入る前に、翌日の独標に向けて、小屋の前の岩場の登りで、皆さんで少しだけ体慣らしをしました。山のベテランでも、年に合わせて、体の動かし方を工夫することは、山登りを長く続けるうえで、とても積極的なアプローチだと、ぼくは思います。

「よいしょ!と足を大きくあげようとして上がらないのよ。」とおっしゃるゲスト。

「ほら、よく見ると、小さいけど、ここにつま先を乗せられるでしょ。片足に体重を乗せて、ほら、次の一歩が出しやすくなるでしょ。」

お一人づつ、そんなお話しをして小さな練習をしました。
明日が、本場です!

西穂山荘は満員。荷物を置くと、ちょうど晩御飯の時間になりました。
食堂から見える日没に浮かぶ笠ヶ岳。明日も良い天気になりそうです。
IMG_1399.jpg

8月12日。
みなさんに、「朝日をみながら朝食にしませんか? お弁当を持って。」とお話しをして、日の出前に山荘を出発することにしました。理由は、西穂独標登山は人気のコースで、お盆休みと合わせて、この日の登山道がとても混むと想定したからです。ぼくたちのパーティは、お元気ながら高齢の方と若手の初心者の方を中心に18名の隊列。混んだ登山道では、すれ違いも難しくなりますし、独標の岩場での渋滞は落石のリスクや、不安定な状態で立ち止まるのは体に負担を掛けてしまいます。

出発はAM4:20分。この作戦は、ずばり当たりました。西穂山荘からジャンダルムを越えて奥穂高に向かう登山者、西穂高山頂を目指す皆さんは、すでに旅立ち、朝ごはんを待つ皆さんに先立つことで、独標に向かう登山道の前はクリア。やがて朝焼けが始まり、雲海に目を奪われると、焼岳が朝日に焼けていました。
皆さん、前日の岩場練習が功を奏して、落ち着いたスタートとなりました。

IMG_1406.jpg

IMG_1409.jpg

IMG_1417.jpg

やがて、前穂と明神の方向に朝日が昇り、美しい山の朝に、しばし見とれました。
IMG_1420.jpg

そして独標へ。とてもラッキーでしたが、岩場に取り付いているのは、ぼくたちパーティだけ。みなさん落ち着いて、無事、到着!本当に素晴らしい朝のパノラマで、皆さんに喜んで頂くことができました。曇りの日も雨の日も、それぞれ、山の魅力はありますが、やはり晴れた日の山々の風景は、一番の魅力に違いありません。

今回、若手の方で、初めての北アルプスという女性がいらっしゃいました。いつもは、関東近郊の山々で体力トレーニングをされているとのことでしたが、「この風景を見ると、病みつきになりますね!」と笑顔でおっしゃっていました。きっと、また山に戻ってきますね。そういうお手伝いができたことは、ガイドのぼくとしても、とても嬉しいです。

IMG_1430.jpg

独標からの下りでは、何組かの登りの登山者とのすれ違いがありましたが、みなさん、落ち着いて降りてきました。
ここに足場がありますよ! ここにガバがあるから、しっかり掴んで!と、ぼくの指示を、次々と後ろの方に伝えていただく良いチームワーク。すれ違いでルートを譲って頂いた登りの方々に、ありがとうざいます、とお礼の声をかけて先輩方。この山登りを楽しんでいただけたのは、本当に皆さんの心の持ちようだと思います。

IMG_1435.jpg

そして西穂丸山まで降りてきて、ひと休憩。
この後、山荘で休憩の後、ロープウェイまでの道を下りますが、ファミリー、グループなど、登ってくる大勢の登山者とすれ違いました。僕たち下りのパーティは、足元に気を使いますが、道を譲ったり、譲って頂いた方々にお礼を言いながら、元気に無事、ロープウェイまで降りてきました。

IMG_1447.jpg

ツアーでは、みなさん、ぼくのことを「先生」と呼んでくださり、ちょっと、くすぐったいのですが、「先生のおかげで、わたし、できたわ。どうもありがとう。」と言って頂けると、本当にガイド冥利につきます。みなさん、本当に良い笑顔でした。

今回参加頂いた皆さんから、「先生のツアー参加したいけど、パンフレットみても、名前が出てないわよ」と言って頂き、嬉しい限りです。そうなんです、ぼくは、少人数のプライベートツアーで山にお連れすることはあっても、正直、大人数のツアーガイドのお仕事は、あまりしていませんでした。

でも、あなたと山に登りたいのよ、と言って頂けるのは、嬉しいです。機会があれば、またツアーを率いて、アットホームなパーティを作ってみたいです。

今回、初めての山の日をご一緒させて頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
また、お会いしましょう!八ヶ岳にもきてくださいね!

IMG_1428.jpg

最後に、今回のツアーガイドの機会を頂いた川崎ガイド、そして、ぼくがガイド検定を目指す時から本質的な指導や、ゲストと向かい合う経験をさせて頂いた庭野ガイドにお礼申し上げます。

スポンサーサイト

槍に続く秋の道、北アルプス 裏銀座 - 2013.09.25 Wed

「裏」という言葉に、どんなイメージがありますか?
2013年9月21-23日、北アルプス 裏銀座を歩いてきました。
この道は、黒部の源流付近を通り、槍ヶ岳に続く山深いロングトレイルです。
だんだんと槍が近づいてくる、北アルプス、初秋の道程を紹介します。

好天の三連休、北鎌尾根をやって興奮したクライマー、団体ツアーで大賑わいの槍ヶ岳に向かうまで、比較的静かな道を、ただ自分と向き合いながら、ひたすら歩き続けました。

この夏 剱で焼けた顔の色は、すっかり落ちていました。
標高3000Mの稜線を歩き続けたぼくの顔は、今、焦げたような色にサングラスの跡がくっきりとついています。
この色が褪せるスピードと秋が深まるスピードは、どちらが早いでしょうか。

クライミングではない、ロングトレイルを行く山旅。これもまた、良いもんです。
来年は、山旅を愛するお客さんをご案内したいと思っています。

IMGP7514.jpg
(野口五郎小屋付近、高山池に写る色づいた木々が美しく、きて良かったな、と思いました)

IMGP7575.jpg

IMGP7581.jpg
(一日目、歩いてきた道を振り返ります。この日は、高瀬ダムから水晶小屋まで)

IMGP7596_suisyo.jpg
(今回、裏銀座に歩こうと思ったきっかけ。剱の帰り、黒部ダムから見上げたこの山、水晶岳。槍に続く、明日、歩く道を見通します)

IMGP7620.jpg
(二日目、八ヶ岳、富士山、そして槍ヶ岳が朝焼けに浮かびます)

IMGP7639.jpg
(ぼくは、この山の姿が大好きです。鷲羽岳)

IMGP7744.jpg
(槍がずいぶん近づいてきました。この後、ガスがかかります)

IMGP7763.jpg
(槍の穂先は、大渋滞でした)

IMGP7782.jpg
(陽が沈んだ槍の頂上より)

IMGP7812.jpg
(三日目、朝早いバスに乗りたくて、槍ヶ岳山荘を午前3時前に上高地に向けて。朝の上高地は爽やかです)

剱岳、針と雪 _ 八ツ峰上半部縦走 - 2013.08.18 Sun

お盆を過ぎましたが、暑い日が続きます。お変わりありませんか。
昨日、家族を連れて、八ヶ岳山麓から東京に帰ってきました。
今日の東京は風もあって、暑いながらも、少しだけ秋の気配を感じます。陽の色も、心なしか、秋に変わってきたような気もします。

さて、ぼくはこの夏、八ヶ岳や後立山連峰を縦走してきました。
そして2013年8月11日から13日、かながわ山岳ガイド協会の先輩ガイドが主催するパーティに入れて頂き、剱岳に登ってきました。

剱岳は、新田次郎原作の映画「剱岳 点の記」で知られています。
岩と雪の殿堂と言われるように、恐竜の背中か針の山ように見える峰には、雪渓がべっとりと張り付いています。
今回は、八ツ峰と呼ばれる恐竜の背中の中程から岩稜を行き、剱岳本峰を経て別山尾根で下るルートです。

R0015449.jpg
(真ん中左:劔岳本峰山頂、正面に見えるギザギザが八ツ峰。

八ツ峰の稜線にあがると、針の山といわれる由縁がよくわかります。

R0015376.jpg

そんな岩稜を乗り越え、懸垂下降で下り、そして何度も乗り越えます。

R0015394.jpg

剱岳山頂に到着したのは、午後3時頃。一般道の別山尾根を使った下山でも、登山には少し遅い時間です。ぼくたちパーティで山頂を独占でした。

R0015427.jpg

劔岳山頂に到着した時点で、既に12時間行動でしたから、慎重に下ります。

R0015434.jpg

この日はトータル15時間行動で、全員が無事、剱沢のテントに到着しました。お疲れさまでした。

帰りは、立山の絶景を見渡しながら、室堂まで。

R0015337.jpg

梅雨開けが遅れ、各地で豪雨に悩まされたこの夏ですが、貴重な好天と、モチベーションの高いメンバーにも恵まれた最高の山行でした。この機会を頂いた先輩ガイド、庭野山岳ガイドに感謝いたします。

これまで、今回の八ツ峰も含め、岩を登り、岩稜を行くアルパインクライミングを経験してきました。
今後は、その経験を活かしつつ、ぼくの好きな八ヶ岳はもちろん、北アルプスの一般縦走路で、山の自然や人々の暮らしに思いを馳せる山旅へ、みなさんとの出会いの場を広げて行きたいと思っています。

後立山連峰縦走、その出会い(4) - 雷鳥 - 2013.08.07 Wed

2013年7月26~28日にかけて、後立山連峰を縦走しました。
五竜岳から八峰キレットを経て、鹿島槍ヶ岳から爺ヶ岳へ。
一本の縦走路がくれた素敵な出会いをご紹介したこのシリーズ、最後は、この鳥です。

八峰キレット方面から、鹿島槍ヶ岳南峰を越えると、とたんに穏やかなトレッキングルートになります。
この時は、立山方面に立ちこめる雨雲の動きを気にしつつも、時折り陽射しも射して、今日の宿、冷池山荘まで、気持ち良く歩いていました。

P7270326.jpg

その時、「グ、ゲ、ゲ」というあの声が。
あたりを見渡してみると、いました!親子の雷鳥です。

今回は、唐松岳あたりで、「グ、ゲゲ、」という声は聞いたのですが、姿は見ていませんでした。

親子仲良く、ハイマツの中に身を隠す保護色です。
どこにいるか、分かりますか?

P7270327_raicho.jpg

この雷鳥は、このルートを通って冷池山荘に向かった、多くの方に目撃されていたようです。
元気に冬を迎えてくださいね!

さて、明日の夜から、八ヶ岳に移動します。
テントを担ぎ八ヶ岳縦走でコンディションを整えたら、日曜日に再び扇沢に戻り、剣岳に向かう予定です。

いよいよ、夏の高気圧が安定して、山も夏らしくなりそうです。
暑さに気をつけながら、夏ならではのハイマツのにおいや、岩の温度や、そういった山の営みを感じて行きたいですね。

皆さん、お互い気を付けて、夏の登山を楽しみましょう!

後立山連峰縦走、その出会い(3) - 感謝の気持ち - 2013.08.06 Tue

2013年7月26~28日にかけて、後立山連峰を縦走しました。
五竜岳から八峰キレットを経て、鹿島槍ヶ岳から爺ヶ岳へ。
一本の縦走路がくれた素敵な出会いを、あと2回、ご紹介します。

八峰キレットに向けて五竜岳を下り、G5を越えて、ひと時、ホッとできる北尾根の頭があります。
ぼくがそこに到着した時、一人の年配の男性がメモに記録を取っているところでした。
その方は、今朝、キレット小屋を出発し、出来れば唐松頂上山荘まで行きたい。
でも、もし、きつくなったら無理せず五竜山荘で泊まりますとのこと。

P7270214.jpg
(キレット小屋。わずかな隙間に几帳面に収まっています)

八峰キレットは、五竜岳から鹿島槍ヶ岳に続く縦走路が大きく切れた最低鞍部です。
「切戸」という漢字を見ると、イメージがわくでしょうか。
P7270221.jpg
(八峰キレットに続く道)

少しお話をしました。なんと73歳とのこと。
13年ぶりに来られたそうで、五竜岳に向かうルートの記憶がないとのこと。
五竜岳を見ながら、岩場を走る一本の糸のような、今、ぼくが歩いてきた道をご説明しました。

P7270156_G5_2.jpg
(五竜岳方面。今越えてきたG5が大きいです。その向こうが五竜岳。)

その方から、「あなたのお父さん位の歳かな。」と言われました。
ぼくの父は、かれこれ17年前に他界していますが、生きていれば79歳です、と答えました。

今思えば、父は生前、各地の古い城山に登り、そして広島を見渡す山に上がって朝日を見るのが好きでした。
何度も、一緒に登ろうと言われましたが、当時のぼくは、なんで朝早くから山なんかに登るんだろう・・・と思い、一度も父と一緒に山で朝日を見たことがありません。
ぼくは、今、山に登って、父が何を見せたかったのか、なんとなく感じています。

その話を聞いたその方は、「それも親孝行だと思いますよ。」と言って下さいました。

その方は、お先に、と、縦走路に戻っていかれました。
73歳とは思えない、しっかりと落ち着いた足取りで岩稜を歩いて行かれます。

P7270164_G5.jpg
(赤いザックカバーの方です)

何故でしょうか。とても、清々しい気持ちになりました。
ぼくを生み、育ててくれた父や母、若い頃心配をかけた妹弟、山に来させてくれた家内、娘。
長い間会っていない親戚の皆さん。
これから行く この稜線を見渡しながら、次々と感謝の気持ちがこみ上げてきました。

P7270201.jpg

後立山の山々、そして太陽の日差し、ハイマツの匂い。高山の自然が、気持ちを洗い流してくれたのかもしれません。
ふと・・・、大切なことを思い出せて頂いた73歳の登山家に感謝です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

足跡 ( 2009.11.11 - )

「山のたまてばこ」について

自然の中で過ごすのは、とても気持ち良いですよね。その楽しさから得られる気づきを子ども達と分かち合いたい、その思いから、「自然科学塾 山のたまてばこ」を主催しています。「山たま」は、自然のつながりの中にある不思議を、体験学習を通じて感じ、気づき、考えようとするプロセスを支援する場です。 企業の皆様には、「サミット・コンサルティング」から、登山を通じたチームビルディングをご支援しています。

プロフィール

も~り~

Author:も~り~
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド(ステージ2)。

長野県諏訪郡富士見町を拠点に、主に南・北八ヶ岳、北アルプスでガイド活動を展開中。スウェーデンのクングスレーデンを歩いて以来、ロングトレイル・トレッキングの楽しみ方を、積極的にご紹介しています。

経営コンサルタントの経験を持つガイドとして、企業の支援にも力を入れています。

自然体験活動分野では、清里KEEP協会のインタープリターズ・キャンプ修了。子供たちが自然に親しむお手伝いも大切にしています。

山で出会ったこと、身の回りの小さな自然や子供たちの様子を、つづって行きます。

スウェーデン社会研究所 会員
公認会計士
経営学修士 (MBA)

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

八ヶ岳 (31)
Sweden (16)
Russia (1)
Europe (8)
富士見町 (9)
山に想う (49)
北アルプス (15)
中央・南アルプス (11)
奥秩父・奥多摩・丹沢他 (26)
北八ヶ岳 (15)
季節のなかで (115)
ネイチャーゲーム (21)
ファミリー・ハイキング (8)
雪景色 / スノーシュー (31)
高尾山麓他 (10)
自転車 (4)
海 (2)
カメラ (0)
未分類 (135)
山たまの里 (30)
企業登山 (2)

最新コメント

ともだちのページ


山の店「デナリ」

ペンション・ノースビレッジ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。